03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

作るべきか、売るべきか 

ども、飯田橋です。

最近、リネ2でもフィッシングメールが送られてくるそうですが、私のところには今のところ来ていません。
まあ日頃から怪しいメールは結構来ているので、簡単に開封したり怪しいURLをクリックしたりはしないのですが。

そんなことはさておき、イベントやアンタラスIDのおみやげやボス討伐で「装備制作ボックス」なるものを手に入れることがあります。
箱を開けると、装備制作に必要なアイテムが一通り出てきて、制作露店に行けば1クリックで制作が挑戦できるというものです。
欲しいものであれば制作をやってみるのも一つの方法ですが、どう処分すればお得なのか考えてみることにしました。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

アジトの謎 

ども、飯田橋です。

前回も書きましたが、アジト主になってしまいました。

まあ、私みたいな零細プレイヤーでも固定アジトが買えてしまうほど、ドビ鯖は過疎化してしまっているともいえます。
実際、そこそこのレベルと人数を保持している血盟というのはそれほど多くないのだなと実感するわけです。
(といっても、ウチもクラハンできるほどの人数はいない)

さて、そんなアジトの機能について詳しく解説されているサイトというのはほとんどありません。
そこで、私が保有するアジトについて少し紹介したいと思います。

-- 続きを読む --

[edit]

素材変換図は必要か? 

ども、飯田橋です。

リネ2において、かつて製作は重要なコンテンツでした。

今のようにIDがあったわけでもなく、普通にフィールドやダンジョンで狩りをして製作材料を集め、苦労して集めた材料をいざ製作するにあたってひたすら祈り続けるということをやっていました。

もちろんレイドボス討伐で現物を手に入れるということもありましたが、そのような高額なドロップが期待されるレイドボスは特定勢力によって狩り続けられ、夜だけINするような普通のプレイヤーにはなかなか手が出なかったものです。

今ではおもちゃになってしまったインペ重上も、かつては図1枚手に入れただけで膨大な収入になったこともあります。
それこそ、庶民レベルでインペ重上の製作ともなると、「失敗すれば引退」という言葉がよぎってくるほどの一大イベントでした。

そんな製作も、「覚醒」以降は未確認装備の氾濫、IDやボスの普及化によってほとんど意味がないものとなってしまいました。
製作コストが現物価格より高いのであれば、何も苦労してさらに失敗するリスクを背負ってやるなんてのはありえないわけです。

しかしながら、最近のゲーム内でのハイパーインフレによって、製作に挑戦する価値も出てきたのではないかと思いますので、現在の製作事情を少し考えてみたいと思います。

-- 続きを読む --

[edit]

ショット原価早見表 

ども、飯田橋です。

ジャパンカップは惨敗でした(泣)
また来週頑張りますwww

私は普段レース場でショット販売をしています。

今日は最も重要な原価について書こうと思います。

-- 続きを読む --

[edit]

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ