06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

10年目に向けて 

ども、飯田橋です。

先月末に、博士がアデンの地に降り立ってまる9年となりました。

この9年間、長期の休止(数日INしないことはある)もなく続けてきて、その間に払った課金代はもはや計算したくないほどwww
アイテム課金を一切していなくても、諭吉さんを20人以上葬るほどの破壊力がありますw

長くやっていればわかるのですが、リネ2も随分と変わりました。

10年目に向けて、現状と今後について少し書いていこうと思います。

まずは過疎化問題について。

私の生息するドビ鯖でも、常に過疎化の問題が付きまとっています。
といっても、過疎化は最近叫ばれているものではなく、私が始めた9年前の時からずっと言われていることです。
OB終了→有料化の際にもありましたし、私が始めてから数日で、最初の90日課金が切れるということで引退ラッシュが起きると言われていたほどです。

しかしながら、当時はまだ新規参加者もかなり多く、新規鯖を作るほどの盛況ぶりでした。
ドビ鯖なんて、あまりに人が多いからキャス鯖オープン時に無料で鯖移動できたということがあったぐらいです。
(実際にはBOTの数が多かっただけで、普通のプレイヤーが多かったわけではない)

では、当時はとんでもなくPTの募集があったかというと、実はそうでもなかったりします。
C4(2006年2月~9月)の初期あたりで、盾職の必要性がなくなってしまいました。
必要とされたのはレイドのFAぐらいで、それも10PT募集(当時は1PT9人だった)で多くても3人。
PT募集が出れば3秒で埋まるほど競争率が高かったのです。

FAといえばグラやデスト、短剣(!)のほうが優秀だったほど。
ダメージを与えた後の回復(Vレイジや踊など)が非常に大きいため、「盾が攻撃を受けている間に倒す」より、「多少ダメージを受けても、それ以上に火力の"戻し"で回復させてしまう」スタイルが長く続きました。
これは覚醒実装の初期(2011年末)まで続きましたが、クラン内での結びつきが強い戦争クランでもない限り、その間盾職を貫き通した猛者などほとんどいないでしょう。
私もサブキャラやってる時間のほうが長かったしw

ということで、プレイヤーの数は数年前に比べればかなり減っていますが、盾でPTに行く機会は数年前に比べれば十倍以上に増えています。今でも環境自体は決して悪くないw
全体としてプレイヤーが増えるか減るかよりも、一緒に遊べるプレイヤーが増えるか減るかのほうがはるかに重要。

続いて不正問題について。

相変わらずリネ2内には不正プレイヤー(BOT使い)が大量に存在します。
一時期は運営もかなり厳しい取り締まりをしていたのですが、BANしたキャラの名前の公開をやめたあたり(1年半ぐらい前?)から大量に増殖しています。
リネ2におけるBOT使用の目的はキャラのレベルを上げるためのものではなく、資金(アデナ)獲得が最大の目的です。
まあ、RMTにするのか自分で使うのかは分からないけど。

とにかく、装備の値段がおかしいためにこのような不正はなくなりません。
95過ぎれば装備の単価が1G(=1000億)なんて普通だしw
対人戦をやる人の最先端装備なんて、どれだけするのか想像もつかん。
Aグレードのアジトが数十M(=数千万)で買えた時代からすると異常すぎる。

こういう話をすると必ず個人のモラルの問題を言う人がいるのだけど、ギガ単位でアデナを買っているRMTerが数人いれば、鯖全体の業者BOTを支え切ることができます。
まあ、数百人とか千数百人に一人ぐらい違反するやつがいれば、業者の生活には困らないのですw

現状は、運営が何の対策もしていないからどうにもならん。
公式ではRMTをやった場合に処分する(幹1個を1Gで取引すれば回収の対象になる)とあるけど、そんな処分されたなんて話聞いたこともないw

あとは、ドビ鯖なら血盟戦か。
戦争関連でいえば、羊が独走して他が止められないのだからどうにもならない。
対抗勢力("対害")はスポ戦の城に攻めても勝てないほどに衰退してしまっている。
まあ、昔から連携できていなかったし、さらに足を引っ張るやつまでいるのだから、ここまでよく続いていたなというのが本音。
今後はどうなるのでしょうね。まあ、どうでもいいけどw

では、一般のライトプレイヤーに羊を止められるかというと、まず不可能。
高校野球でいえば、全国から選りすぐりのプレイヤーを集め、朝から晩まで(というか、寝ている時まで)野球漬けにしている学校に、一般受験で来た生徒だけが勉強をしながら部活でちょっと野球をやっているような学校が挑むようなもの。住んでる環境が違いすぎる。


それでも私は、今のところやりたいことができているので続けています。
それができなくなった時がやめ時ですかね。
スポンサーサイト

[edit]

« ここは目標か、前哨戦か?  |  スピリタス »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/119-d4f2ce92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ