06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

実績か、勢いか 

ども、飯田橋です。

プロ野球は佳境に入りましたが、競馬はこれからが盛り上がってきます。

来週からはいよいよGIが始まりますが、今週はまだ前哨戦。

この時期の難しいところは、春の実績馬と夏に成長してきた馬のどちらを選ぶかというところ。

今週もそこが難しい。

まずは古馬重賞のオールカマー。

今年は3歳馬の出走はなく、4歳馬も牝馬のハナズゴールだけ。

そうなると、おのずと5歳馬が中心になる。

◎ダノンバラード
宝塚記念2着からの休み明け参戦。
オールカマー自体宝塚記念上位馬との相性がいいし、かなりのラフプレーとはいえ、同コースの重賞(AJC杯)を勝っている。

○メイショウナルト
夏の上がり馬。小倉記念はレコードで勝っているし、3~4走前の芝2200m戦も好タイムで勝っている。
この時期の中山は速い決着が多いので、この馬に向いていると思う。
ただ、メイショウナルトは3kg斤量が増える。ダノンバラードは1kg減。この差は大きいと思う。

ここ軸の3連複だと安いから、今週は点数を絞っての予想。あとは3着候補。

中山実績のあるダイワファルコン、末脚鋭いサトノアポロ、有馬記念2着のあるオーシャンブルー、展開で残りそうなコスモラピュタ、6枠(緑)になると人気になるのに今回は人気がないヴェルデグリーン、10歳なのに元気いっぱいといわれているマイネルキッツ。

3連複
4-9-1・2・8・12・13・15(6点)
3連単
4・9-4・9-1・2・8・12・13・15(12点)

3連単をやめて、オーシャンブルーをからめた3連複にするかもしれない。馬体重次第。
4・9・13-4・9・13-1・2・4・8・9・12・13・15(16点)

続いて3歳重賞の神戸新聞杯。

エピファネイアの単勝オッズは前日では1.1倍。複勝も1.1倍。
現行ルールではできる限り1.0倍にしないことになっているため、このようなことが起きてしまう。

エピファネイアは別格なのでいいのだけど、基本的には「1600万下で通用するかどうか」で選んでいけばよいと思う。

ラストインパクトは、2走前に1600万で上位だったことのある馬と対戦して4着。
サトノノブレスは、前走で1600万で上位だったことのある馬と対戦して2着。
タマモベストプレイも、ロゴタイプやキズナとの着差を考えれば、この2頭より上だろう。

まあ、エピファネイアやタマモベストプレイは休み明けなので、大幅に体重が増えていたら買わないかもしれない。

でもちょっとまて。
バッドボーイは前走1600万下で3着なのに全く人気がない!
しかも、このレースで勝った馬は重賞勝ちの実績があるヒストリカル。
展開に恵まれたとはいえ、エピファネイアの2着があるし、大差がついているとはいえキズナの3着もある馬。
騎手が菱田という問題点があるが、ここまで人気がないならお買い得かもしれない。

若葉S3着、青葉賞4着とぎりぎりのところ(どちらも2着までに優先出走権があった)で出走権を逃しているサトノノブレスは4着になりそうだから消してしまおうw

◎エピファネイア
2番手にラストインパクト、タマモベストプレイ、バッドボーイ

3番手はとにかく薄いのばかり。
腐っても重賞2着2回のカシノピカチュウ、超人気薄だけど夏場に2勝+浜中のプランスペスカ、まったく人気がないけどおじはGI馬のソロル、奇跡的だけどエピファネイアとキズナとコディーノに先着したことのあるミヤジタイガ、2400mで2勝しているトーセンハルカゼ。

3連複
10-2・13・18-1・2・5・6・8・13・16・18
一応押さえで4-10-18w(19点)

3連単
10-2・13・18-2・13・18(6点)
スポンサーサイト

[edit]

« ひょうたんから駒  |  きゃ~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/123-6de31508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ