04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

戦う前から負けていた 

ども、飯田橋です。

秋華賞は予想通りというか、レース前にすでにあきらめムードでした・・・

府中牝馬Sは難しかった。それだけw

まずは秋華賞の反省から。

本命に推したエバーブロッサムは、馬体重増減なしという時点で半ばあきらめていた。
「減っていたら消し」とは書いていたけどねえ・・・w
この日は用事があって馬体重の発表前に買った(結果的には発表後でも買う時間があった)のだけど、あの体重をわかっていれば、メイショウマンボ本命、エバーブロッサムは2番手にして馬券を買っていたと思う。
ただし3着のリラコサージュが買えないから、結果的には当たらないのだけどw

あくまで結果論なのだけど、公式HPで出ていた「勝ち馬の条件(※)」を備えていた3頭(メイショウマンボ、デニムアンドルビー、コレクターアイテム)のうちの1頭が勝ち、3着のリラコサージュは超人気薄だったものの、オークス→ローズS→秋華賞の王道ローテを進んでいた6頭のうちの1頭だった。
これをよく覚えておいて、来年につなげたい。

※GI・JpnIで4着以内の経験がある、GI・JpnIで4番人気以内の経験がある、前走が重賞、通算出走回数が8回以内、この4条件。

エバーブロッサムは春の時点で終わっているという可能性も否定できないけど、この馬は輸送に弱いんでしょう。
ターコイズS(12/1)に出走してくるようであれば、もう一回狙ってみたい。

府中牝馬Sはコスモネモシンが逃げるとは思わなかったけど、超スローペースは想定していた。
ドナウブルーが32秒台で上がってくると思っていなかったのが誤算だった。
まあ、逃げたコスモネモシン(33.0秒)以外全馬が32秒台という究極の上がり勝負になってしまい、後ろにいた馬はノーチャンスでしたな。

今週は菊花賞。
皐月賞馬もダービー馬もいないため、皐月賞とダービーで2着、トライアルを完勝したエピファネイアが断然の人気になるのは間違いない。
また、エピファネイアを除けばどれも似たり寄ったりw
どこからでも買えそうな気がするけど、明らかに長距離が得意なバンデ、出世コースの神戸新聞杯3着のサトノノブレスは買っておきたい。
それから秋華賞の結果も踏まえ、(皐月賞)→ダービー→トライアルの王道路線を進んだ関西馬も数が少ないだけに確実に押さえておきたい。

土曜には富士Sも。
軸になりそうな馬が少ないけど、ダノンシャークは間違いなく買う。
あとは調子のよい4~5歳馬を中心に。

天皇賞(秋)も1週前登録が終了。
ゴールドシップやロゴタイプの登録がなく、GI馬はわずかに3頭。
ジェンティルドンナ1強に近い状態。
あとは、夏場に活躍した4歳馬がどこまでやれるかだと思う。
スポンサーサイト

[edit]

« リネ近況  |  秋GI第2戦・秋華賞 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/134-5072fda9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ