04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

果たして羊に勝てるのか? 

ども、飯田橋です。

課金を止めて3日。私の記憶では、リネ2を始めてからの課金停止期間としては最長ですwww
旅行に行ったり、病気で寝込んでいたこともあるので3日INしなかったことはあるけどね。

さて、ドビ鯖にいる以上避けては通れないのが、最強血盟、羊もふもふ。
次元攻城戦でも相当の強さを発揮している模様です。
実装当初の戦力分析で、城を取れていない段階で「9:1」や「8:2」と言っていたのをバカにされていたのもどこへやら、アデンとルウンの2城制覇やルウンの長期防衛をしているらしいということで、見事に雑音を封じてしまっているようです。
一度ルウンを取られましたが、そのあとすぐに取り返してしまうところがやはり強いというしかない。

ではドビ鯖に戻って、実際彼らに抵抗できるのか、果たして勝つ方法はあるのか、少し考えてみることにしました。

なお結論を先に書いておきますが、羊もふもふ血盟に勝つ方法はおそらくあります。
「ゲームにおいて、倒せないラスボスはいない」という、精神論にも近い幻想みたいなものですが。
彼らの勝ちっぱなしがゲームの運営上(経営上)マイナスに働くようならば、彼らに対して不利になるようなアップデートをしてくることは考えられますし。
まあ、具体的な策も一応あるのですが、これは現実的でないな・・・
まず、彼らのどこが強いのか。

1つ目は、個人の強さにあります。
メイン/デュアルともに99レベルなのは当たり前、SEも少なくとも必要なものはすべて最大になっているでしょう。
装備に関しても単にR99グレを持っているというだけでなく、OEやらOPやらPvP特化型とか、とにかく可能な限りの強化をしています。
アクセに関しても、自分に合ったボスアクセを強化して使っていることでしょう。
バイウム指やアンタラス耳あたりなら、血盟員全員に行きわたるぐらい持ってるでしょw

プレイ環境もかなり違うそうです。
高性能のパソコン複数台に、専用のマウスやコントローラ、スカイプとかフットペダルってなんですか?という世界。
私みたいに、4年前に買ったフツー(インターネットをやったり仕事に使う分には十分)のパソコンに900円のマウス、グラボ壊れちゃったからアマゾンで5000円のやつ(それでも、1PC4アカ起動2アカプレイぐらいはできるw)でいいやなんてのはいないでしょう。

要するに、つぎ込んでいるカネと時間の量がハンパないということ。
どんなことでもそうなのですが、勝負事においては、時間とカネを大量につぎ込んでいる人は強いです。
リネ2あたりだと社会的評価はマイナスになってしまうのでしょうけど、これがスポーツの世界だったりすれば尊敬の対象になってしまうわけです。
恵まれた環境下で努力を惜しまないヤツに対しては、何か奇跡的な要因がなければ勝つことは非常に難しいのです。
(リネ2じゃ生計立てられないから嘲笑の対象にしかならないのだけど)

受験勉強でもそう。東大に楽々受かってしまうような人は、小さいころからの勉強時間の総量はけた違いに多いです。しかし、ただ時間だけかければよいかと言えばそうではなく、そこに多くのカネをつぎ込んで受験に対するテクニックを身につけるわけです。事実、東大生の親の年収は国民平均よりも圧倒的に高い。
まあ、時間とカネをかけてもダメなやつはダメなのだけど、時間もカネもかけずに結果を出せるものってのはなかなかないものです。

リネ2のような課金モデルになると、「カネはあるけど時間はない」vs「カネはないけど時間はある」の対決姿勢になると考えがちですが、実際のところは、時間のある人が大量にカネをつぎ込むことに躊躇しない(それだけ長い時間やるからモトが取れると考える)し、時間のない人はそこまでカネをつぎ込んでやるほどではないと評価して課金しなくなるわけです。

プレイヤー自身の腕については、自分で見た情報も伝聞の情報もほとんどないので書きようがありません。

2つ目は、組織としての強さです。

ドビ鯖を見ている人ならわかるのですが、英雄は全部門で羊が獲得し続けています。
(対抗勢力が一度だけ英雄を獲った時があるのだけど、それは再覚醒でのシステムの隙をついただけ)
もちろん個人のキャラスペックが非常に高いということはありますが、それだけであれば対抗勢力が何度か獲ってもおかしくありません。
なぜ羊から英雄を1部門ですら獲れないのか。理由は明確で、羊側は事前にだれが勝つか(英雄になるか)決めているからです。

同職の相手に対して圧倒的な力をもって自力で勝ってくる人が大多数だと思いますが、どんな集団でもウイークポイントはあるはずです。そこへ惜しげもなく支援できる、支援させることができるのが最大の強みではないかと。
それを「談合」などと揶揄する人もたくさんいるわけですが、それだけではないはずです。

たとえば国会議員の選挙を思い浮かべてほしい。どこの党でも、小選挙区なら候補は一人に絞ります。
党内での候補者争いまでは熾烈かもしれないけど、候補者が決まれば残りの人は支援に回るのが普通。
「分裂選挙」ともなれば、双方によほどの力がない限り共倒れになります。
先日の参議院選挙、東京選挙区がいい例ですよね。民主党は大した力もないのに分裂して共倒れ。

対抗勢力はそれができない。
オリンピアードでの英雄争いも「オレが、オレが」が強すぎて内部でのつぶしあいに終始してしまう。
まあ、血盟間での連携・調整すら全くできないのだから当然だよねw
そして内部抗争から崩壊に発展し、現状のような極小勢力に。

攻城戦についても、羊が勝ち続ける理由がなにかあるはずです。
私は攻城戦を一切見ないためにしたらば情報をもとにした妄想しか書けないのですが、羊は血盟内での役割分担、PT内での役割分担がきちんとできているのでしょう。
さらにいえば、戦争時における数PTを束ねる「指揮者」のような人がうまくコントロールしているのでしょう。

攻城戦のような争いになると、どうしても主役はアタッカー陣になります。
すると、攻撃力の高いキャラが直接的な成果を上げることで集団内での発言権が強くなってしまう傾向にあり、支援職の人はおまけ、寄生、道具という地位に落とされてしまいがちです。
たぶん、強い血盟というのは単に強い(数値能力の高い)キャラクターをふんだんに持つだけではなく、きちんと支援できる人、「送りバントのできる」人を大切にできるところなのではないかと思います。

もう1つの強さ、これは私の勝手な想像かもしれませんが、戦略性の高さです。

おそらく、羊の人たちは自分たちのウイークポイントを知っているはずです。
もしくは、相手側に打たれるとまずい手がなにかを知っているはずです。
そこで、そのような手を打たせないようにしてしまうのが「もうひとつの強さ」だと思います。

具体的にいえば、鯖内をうまくまとまらせないこと。
さすがの羊も、「羊vs羊以外全部」という構図になってしまうと大変でしょう。
そこで、できる限りバラバラにしておいて、少しずつ削っていってしまう。
放っておいても敵にならないところは放っておいてしまう。
そしていろいろな勢力、時には敵対だった所ですら取り込んで大きくしていく。
逆にまとまることができなかった対抗勢力"対害"の現状は見ての通り。

ドビ鯖の攻城戦でも、始めは対抗勢力がかなりリードしていました。
羊側が城なし、対抗勢力側がアデン、ルウン、ギランを押さえていた時期もあったような気がします。
次元戦でも、始めはどこの城も取れていなかったはずです。
そこで、どうして勝てなかったのか、勝つためにはどうすればよいのか、相当な研究をしているのではないかと思います。

では、羊に対抗するにはどうすればいいか。

最低ラインとして、「羊vs羊以外全部」の構図にしなくてはいけないでしょう。
ただし、全部がまとまったとしても力押しでなんとかしようと思っているのなら一生無理。
英雄1PTに対して、ファンタ+カデ装備が精いっぱいの一般人1連合(=50PT)集めても勝てません。
羊の人たちのやる気を失わせて、人数を減らすことを考えないと。

方法としては徹底的に無視しているのがよいのでしょうけど、これをやる場合には全員が同じ方法をとらないといけないのが問題です。
好戦的な人がむやみに突っ込んで行ったら意味がない。

また、サ○ネムや○○○○○○○のような自分だけが正しいと信じ込んで支離滅裂なことばかり言っているようなやつは絶対に切り捨てる。
ウソの理由でいきなり布告してくる○○○○○のようなのも切り捨てる。
こういうのと仲よしこよししてるから、"対害"は周りからの信用を失っていったんだよねw
「手伝ってくれない」とか、「お前たちも立ち上がれ」とか言う前に、自分たちのやってきたふるまいを見直したらどうだい?w
「味方にならなきゃ全部敵」とばかりに傍若無人な行動ばかりしてきたやつらに手を貸すわけがないでしょw

あとはどんなにバカにされようとも、1対多数(もちろん、羊が1のとき)で勝てるときだけ戦うようにして、少しでも不利だと思ったら徹底的に逃げる。非常に難しいことだけど。
まあ、英雄チャで煽られてムキーとなってのこのこ一人で出ていくようなおサルさんがいる限り絶対無理だよねw

ただ、これだけボロクソに言っている"対害"であっても、1つだけ見習うことがあります。
それは、ある程度人数を集めて蜂起したことです。
しかし現状では人数を集めるということが非常に大変ですし、その過程で情報が漏れてしまえばおしまいです。
ここで情報が漏れてしまって、半ばグダグダのまま血盟戦に突入せざるを得なかったのが悲劇の始まりだったのかもしれませんが。

その血盟戦も、"対害"側の盟主は何人も去っていますし、血盟もいくつかは解散状態になっています。
相手をやめさせる前に自分がやめちゃってますから、どっちが勝っているかは誰が見ても明らかですね。

現状では羊に勝つ(盟主を引きずり下ろす)というのはほぼ不可能ですから、いかに自分たちが不利にならない条件で講和(妥協)することが必要になるのではないかと思います。
スポンサーサイト

[edit]

« 5つやると、脳ミソがとろける  |  連敗街道まっしぐら »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/147-55c09c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ