07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

カギは枠順にあり 

ども、飯田橋です。

12月も2週目に入り、今週は2歳GIが行われます。
桜花賞と同じコースだけに来年までつながるのか、はたまたここを最高潮にするのか・・・

ほかにも重賞があるので、そちらも一緒に。

まずは土曜の朝日チャレンジカップ。

元は秋緒戦に芝2000mで行われていたが、冬場の中距離ハンデ戦に切り替わった。

本命はヒストリカル。
このレースと同じコースの阪神芝千八で2勝。昨年のこのレースでは12着と惨敗のように見えるが、勝ち馬からは0.4秒差。後方からのレースをする馬なので、馬群がばらけなかったのが致命傷になった。
今年も同じ危険性はあるが、力はあるので直線でうまくさばいてきてほしい。

相手はタマモベストプレイ、ラウンドワールド、テイエムイナズマ。
3頭とも何かが足りない、典型的な1800mタイプ。
マイルも2000もGIのある距離だけに、どっちつかずの千八でこその馬。
もちろん、ヒストリカルもそのタイプ。

あとは実績のあるマイネルラクリマ、近走好調のダノンプログラマー、展開でミキノバンジョー、血統的に1800mの合いそうなゴットフリート、騎手でカワキタフウジン。

3連複
13-3・5・11-1・2・3・5・9・10・11・17(18点)

次に日曜のカペラS。
中山のダート千二重賞。

このコースはスタートが芝であるため、芝コースをより長く走れる外枠がダッシュがつきやすく有利と言われる。
おそらく、外枠のサマーウインドとケビンドゥが行き、内側からスリーボストンも行ってハイペースになりそう。
その後ろにつけられそうな◎マルカバッケンが本命。

相手は15勝の実績馬セイクリムズン、ハイペースなら追い込み一手のシルクフォーチュン、先手を取り切れれば粘れるサマーウインド。

あとは中山千二が得意なスノードラゴン、ティアップワイルド、3連勝のスイートジュエリー、ハイペースでも前残り警戒でケビンドゥとスリーボストン。

3連複
5-4・13・16-2・4・7・9・13・14・15・16(18点)

最後に阪神JF。

大外枠に不安はあるが、◎ホウライアキコで勝負したい。
先行する馬が少ないので、レコード勝ち2回あるスピードで先手を取れると思う。
相手1番手はレーヴデトワール。これは最内枠という不安があるが、スピード競馬で2勝しているのは大きいし、姉2頭がこのレースで連に絡んでいるだけに「3頭目」として狙いたい。
あとは外国人騎手が乗るクリスマスとモズハツコイ。

それから3着候補で、グランシェリー、メイショウアサツユ、ダイヤモンドハイ、トーセンシルエット、一応ハープスター。
ハープスターは3か月以上の休み明けに加え、1000m60.6~7秒のレースしか経験してないため、惨敗する可能性も高い。
体重も極端に増えている可能性があり、オッズ次第では買わないかもしれない。

3連複
18-1・12・16-1・2・4・10・12・15・16・17(18点)
3連単
1・18-1・18-2・4・10・12・15・16・17(14点)
スポンサーサイト

[edit]

« いつもの完敗  |  とりあえず新コンテンツ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/160-340049a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ