09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

いつもの完敗 

ども、飯田橋です。

いやぁ、ロードカナロア強かったなあ・・・(遠い目)

うん、読み違いもここまでくれば開き直るしかないw

まずは土曜の朝日CC。

前半やや遅めで決め手勝負のレースに。
これだと「ちょっと足りない」系の馬は来ない。
追える外国人騎手の馬でワンツースリー。
アルキメデスみたいな連勝馬がハンデ戦に出てくると斤量が見込まれるから買いにくいんだよね。

続いて日曜のカペラS。
ノーザンリバーは見てもいなかったw
ヨシトミが来ると思ってなかったし。
マルカバッケンは見せ場すらなし。
ケビンドゥやサマーウインドが行けなかったのもねえ・・・

最後に阪神JF。
休み明けの上に超スローの競馬しか経験していないのに、レッドリヴェールを馬券の対象にできるわけがないw
ハープスターも休み明けで買いづらかったし、一番いらないタイプの「関東騎手が乗った関東馬」まで3・5・6着に突っ込んでる。
セオリーが全く通じなかった。

阪神JFに関しては、ここで終わる馬とクラシックの主役になる馬とはっきり別れてしまう。
特に人気薄で勝った馬はほぼ出世しない。
テイエムプリキュアみたいに古馬で復活した珍しい例はあるけど。
2着だった馬も、近年ではホエールキャプチャとアイムユアーズぐらいしか活躍していない。
その前だとアローキャリーやエアグルーヴか。

上位陣はあまり信用せず、桜花賞は3歳デビュー組もよく見て考えたい。
特に紅梅S、エルフィンS、クイーンCあたりに注目したい。
下位陣ではダイヤモンドハイが面白いと思う。
ただし、芝ではなくダート。祖母ファストフレンド(帝王賞、東京大賞典など重賞9勝)の血を生かしてほしい。
父がアドマイヤムーンだから、ダート千四に出てきたら絶対に買っておきたい。

さて、今週は朝日杯FS、愛知杯の2重賞。
愛知杯は逃げ、先行馬が穴をあけたりするのだが、今年は逃げ馬が揃っているだけにハイペース必至か?
ハンデの厳しそうな馬も多いので、枠順を見てから考えたい。

朝日杯は、重賞勝ち馬が牝馬のベルカントだけというメンバー。
ただし、500万クラスの馬は回避待ちという状況。
出てくればそこそこ人気になりそうなピークトラムも現状では除外対象。

武豊の全GI制覇達成なるか?
中山の芝千六なので、とりあえず内枠の先行馬ははずせない。
6番枠以内を引けたらベルカントは鉄板と言いたいが、武豊は逃げうまくないからなあ・・・

そして年末の大一番、有馬記念も1週前登録が完了。
今年GIを勝っているのがゴールドシップだけ、1番人気になったことがあるのもオルフェーブルとゴールドシップだけ。かなり低調なメンバーになってしまったな・・・
池江厩舎はオーシャンブルーを出さなくても5頭出し。
あとはゴールドシップの復活なるか?
これだとカレンミロティックが穴人気になりそうだな・・・
スポンサーサイト

[edit]

« 3度目の正直  |  カギは枠順にあり »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/161-e03b0447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ