05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

もうひとひねりか・・・ 

ども、飯田橋です。

今年の2週目は大ハズレでした。

もう少し深く読まないといけなかったな・・・

まずはシンザン記念。

ミッキーアイルが逃げ、ウインフルブルームが2番手というのは予想していた。
強い先行馬が前半800mを47.9秒で行ったら、後続が差せるわけがないw
ただ、モーリスが3番手で行くとは思わなかった。
5~6番手あたりに行って、直線で何頭か交わすイメージだった。
先頭と2番手が行ったきりのレースで3番手まで残ることは良馬場ではありえないから、末脚に賭けたタガノグランパが3着に入った。

1・2着と3着は着差が示す通り、かなり大きな差がある。
ミッキーアイルとウインフルブルームは距離に関してはわからないが、春のGI戦線での有力馬になると思う。
ただし、金杯の日に行われた新馬戦で、シンザン記念と同じタイムで勝ってきた馬(アドマイヤメテオ)がいるのでそちらにも注目したい。

続いてフェアリーS。
内枠から先手を奪ったリラヴァティには絶好の展開。しかも、前半800mが48.1秒。
実質500万のメンバーなのだから、これで残らないわけがない。
直線に入り、アンジュデュバン、イントロダクション、シーロアがインを突いてきたときにはガッツポーズの準備をしていたが、外を回ってきたオメガハートロックとニシノアカツキに差されてしまった。
オメガハートロックはまだしも、15番枠で外をブン回してきたニシノアカツキが来てしまうとはねえ・・・

ただ、「芝千八の経験がある馬は上位に来る可能性が高い」というのをどこかで見ていたので、来年以降も覚えておきたい。
今年の該当馬はニシノアカツキ(2着)、リラヴァティ(3着)、アンジュデュバン(6着)、シーロア(7着)の4頭。勝ち馬から0.2秒以内に入っている。

なお、こちらにはクラシックを意識させる馬は今のところいない。トライアルで変わるかどうか。

さて、今週は京成杯と日経新春杯。

京成杯は芝2000mで行われるようになってから少しはクラシックにつながる馬も出るようになってきたが、やはり基本的には現時点での完成度が重要。
同じコースであるホープフルSや葉牡丹賞の好走馬が中心になると思う。
また、毎年のように出走してくるマイネル軍団には要注意。確実に上位には来る。
今年はマイネグレヴィルとプレイアンドリアルの2頭。

日経新春杯は、昨年大魚(WIN5)を逃した悔しいレース。
今年は重賞勝ちがたったの2頭(テイエムイナズマ、フーラブライド)だけというさびしいメンバー。
菊花賞2着のサトノノブレスあたりがトップハンデになるのだろうか。
ハンデに注目しながら、基本的には調子のよい馬を中心に狙いたい。

(1/15追記)
サトノノブレスは55kg、トップハンデはアドマイヤフライトとラブイズブーシェの56kg。
アドマイヤフライトはかなり見込まれたな・・・
スポンサーサイト

[edit]

« 一身上の都合により、縮小版  |  今週は日月重賞 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/176-df7207c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ