05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

今年も来ました、日本ダービー 

ども、飯田橋です。

今年もやってまいりました、日本ダービー。

競馬は一年中やっていますが、やはりこれだけは絶対に外せません。

そして毎年思うわけです。今年こそは当てたい・・・とw

まずは、ダービー以外の重賞予想を簡単に。

1つ目は土曜の京都ハイジャンプ。
少頭数だが、かなり力量差がある。
本命は障害入り後3戦3勝のケイアイドウソジン。
平地でもダイヤモンドSを勝つぐらいのスタミナとスピードがある。飛越もうまいので、ここでは最有力。

あとは障害実績でメイショウヨウドウとアシュヴィン、休み明けを一叩きしたオープン3勝のルールプロスパーまで。

3連単
5-1・6-1・6・7、6-5-1・7(6点)

2つ目は日曜の目黒記念。
ダービーの後にやるため、17時発走という特別編成。

本命はアウォーディー。
ここで3着以下なら次は1000万に落ちる馬なのでアテにできないが、2200mや2500mといったイレギュラーな距離で活躍していること、鞍上もノリなら大丈夫かと思う。
マル外なので気づきにくいが、父はジャングルポケット、母はヘヴンリーロマンス(天皇賞・秋優勝)という超良血で、東京コースも向きそう。

相手はアドマイヤブルー、ステラウインド、プロモントーリオ、マイネルメダリスト、ムスカテールの5頭。

馬連
11-1・2・3・14・15(5点)
3連複
11-・1・2・3・14・15-1・2・3・14・15(10点)

そしてダービーの予想。
オークスの時にも書いたが、3歳春のレースということで、同じようなメンバーで何度も対戦しているがために比較的順位付けがしやすい。
そのため、データ作戦の効果が高い。

フルゲートが18頭になった1992年以降、馬券の対象になった馬のパターンはあまり多くない。

・皐月賞で1ケタ着順だった。
皐月賞からダービーに直行した馬ばかりでなく、間に1レースはさんだ馬もいる。
2ケタ着順だった馬も3頭いるが、3頭とも皐月賞では3番人気以内で、さらに皐月賞とダービーでは馬場状態が極端に違っていた。

→トーセンスターダムは基本的には消しだが、重~不良馬場なら押さえに買うのもアリ。

・皐月賞に出走していない場合、前走は重賞かオープンで1着、あるいはプリンシパルSで2着以内。
例外は3頭。
桜花賞2着から出走したウオッカ(2007年1着)、前走NHK杯2着だったヤシマソブリン(1994年3着)、前走青葉賞2着だったアポロソニック(2013年3着)。
例外といっても、GIの優先出走権を取ってきた馬ばかり。
プリンシパルS2着から突っ込んできた馬も当時は2着まで優先出走権があったので、優先出走権を勝ち取ってきた馬はむげにできない。

→レッドリヴェールとワールドインパクトを買うかどうかが微妙。

ここまでで残った馬は・・・
・皐月賞1~9着
イスラボニータ、トゥザワールド、ウインフルブルーム、ワンアンドオンリー、ベルキャニオン、アドマイヤデウス
・皐月賞不出走で、前走重賞かオープンで1着
エキマエ、ショウナンラグーン、ハギノハイブリッド
・その他、微妙なところ
レッドリヴェール、ワールドインパクト
※ウインフルブルームは取消

結論。
◎トゥザワールド。
イスラボニータはハープスター以外には負けたことがないし、東京向きなのも明らか。
しかし、血統的に2400mが怪しい。
もちろんマイラーでもダービーに勝った馬はいるし、イスラボニータ自体の能力は高いのだが、血統背景も含めてトゥザワールドが逆転できる可能性も高いと思う。
トゥザワールドは比較的前に行ける馬だし、今の東京コースに合っていると思う。

相手はイスラボニータ、ショウナンラグーン、ハギノハイブリッド。
上でイスラボニータの距離不安を書いているが、皐月賞1~3着馬がダービーでも来る確率が高いのも明らか。
ショウナンラグーンは残った馬のうちでもスタミナ色が高く、先行馬が崩れたときにまくってこられるタイプ。
祖母でオークスを勝ち、師匠は最後のダービーということで、鞍上がものすごく気合が入っているとのこと。
ハギノハイブリッドも2200m以上で2勝のスタミナ型で、東京でも勝っている。近年流行の京都新聞杯勝ち馬。

あとは3着候補。
ワンアンドオンリー、ベルキャニオン、アドマイヤデウス、ワールドインパクト、サウンズオブアース。
残った馬の中でも、芝0勝のエキマエはさすがに無理だろう。
サウンズオブアースはデータ的には圏外だが、GIIで2着、若葉Sで3着があり、おそらく人気はないので鞍上が浜中なら押さえてもいいかと。

レッドリヴェールをどうするかだが、実績的には勝ってもおかしくない。
ただ、420kgぐらいの小さな馬で2歳6月デビューというのは私としては買いたくない。
ダービーに出た牝馬としては、ウオッカよりもビワハイジのイメージに近いんだよな・・・
おそらく3~4番人気になると思うので、買うにはリスクが高すぎる。

トーセンスターダムは、当日ゲリラ豪雨で馬場が極端に悪化した場合には買う。
むしろ、レッドリヴェールとの馬連16-17とか、3連複で16-17流しを買ったほうが面白いかもしれない。

ウインフルブルームが取り消したので、何が逃げるのかがカギになりそう。
エキマエが行きそうだが、トゥザワールドやイスラボニータが押さえきれずに行くこともあると思う。

3連複・3連単
5-6・11・13-1・2・4・6・10・11・13・18(3連複18点、3連単21点)

スポンサーサイト

[edit]

« いつも言うが、気づくのが遅い  |  3か月に1回の »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/232-84f7965e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ