FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

去年と同じだったのか 

ども、飯田橋です。

いつも書いているとおり。終わった後に気づいても遅いw

まあ、土曜に当ててるので傷は小さかったけど。

ということで、先週の反省。

土曜の東京ジャンプSは少しだけ買っていた。

馬券_140628

障害レースはかなり苦手にしているのだけど、年に何度もやらない馬連1点勝負で当ててしまった。
チョイワルグランパが粘り切っていれば3連複も当たっていたが、さすがに前半飛ばしすぎて失速。
3着セイエイはどうやって考えても買えないのでしょうがないが、道悪がうまいのかな。

過去ログ見て気がついたのだけど、今年は障害重賞のほうが結構当たっているようだ。
だからといって、そっちにシフトすることはないのだけど。

そして宝塚記念。
ゴールドシップは出遅れというほどではないが、ゲートをゆっくり目に出て最後方。
と思ったら、少し押して一気に前のほうへ。
2コーナーを回ったところで4番手。1000m通過が62.4秒の超スローだから、当然ゴールドシップの後ろにいた馬にチャンスはない。

ん?
なんかどこかで書いた記憶があると過去ログを呼んでいった結果・・・
去年の宝塚記念にたどりついていたwww

ペース的には、ゴールドシップは去年と同じ「定位置」にいただけだったw
ということで、1000m通過でゴールドシップより前にいた4頭(ヴィルシーナ、カレンミロティック、フェイムゲーム、デニムアンドルビー)が残る展開になり、後ろにいた馬はアウト。
(一応、4着にヒットザターゲットが来てるけど)

あとは昨年と同じで、坂下あたりからゴールドシップが先行勢を交わしておしまい。

追い切りではゴールドシップはここ数戦とは違って気分よく走っていたとのこと。
阪神では意外と先行策の取れる馬なので、そこを思い出していれば、「ゴールドシップは先行策で、ゴールドシップより後ろにいる馬にチャンスなし」という読みもできたのだろう。

ヴィルシーナとカレンミロティックの先行は誰でもわかるので、あとはこのメンツで先行できるジェンティルドンナとトーセンジョーダン、これにウインバリアシオンあたりを選んで買っていれば大的中だったということ。

ゴールドシップの今後についてはわからないが、順調であれば今年いっぱいは現役を続けると思われる。
凱旋門賞への登録もあるので、海外遠征から有馬記念(去年のオルフェーブルパターン)や、昨年のゴールドシップのローテーション(京都大賞典→JC→有馬記念)が予想される。
どちらにせよ、京都や東京で一線級と当たるとダメということがバレてしまっているので、次に買うとするなら有馬記念ということになる。

さて、今週からは本格的な夏競馬。
福島ではラジオNIKKEI賞、中京ではCBC賞が行われる。
どちらも難解なハンデ戦。

ラジオNIKKEI賞は古馬1000万で勝負できる馬を選びたいところだが、500万勝ちでも平場からという馬が多く非常に難しい。
こういうときは騎手で買ってしまうのも一つの方法。

CBC賞は中京のタフな芝コースで行われるので、芝千二専門という馬より、芝千四やダートで実績のある馬を選びたい。
ダート千四ではおなじみのクロフネやアドマイヤムーン産駒、洋芝実績のある馬や血統もマークしておきたい。

なお、ベルカントのハンデが気になっていたが、52kg。
この時期の3歳牝馬だと古牡馬から5kgのハンデがあるので、57kgのスギノエンデバー、55kgの牝馬エピセアローム、ルナフォンターナと同評価で、実質トップハンデ。
52kgだと、武豊乗りに来るんだろうな。

スポンサーサイト



[edit]

« 98になりました  |  私の夢は、万馬券 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/246-2311f0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ