10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

今週も大記録がかかる 

ども、飯田橋です。

先日は馬での大記録がかかっていましたが、今週は騎手の大記録がかかっています。

スポーツ紙でも意外なほど話題に出ていないのですが、いよいよ達成しそう、そんな予感がします。

さて、その記録とは・・・

大記録がかかるのは新潟のアイビスサマーダッシュだが、発走時間順で最後になるので、まずはほかのレースから。

1つ目は土曜の障害重賞、小倉サマージャンプ。

小倉の障害コースは中山や京都とは違い、飛越のうまさよりも速さが重要になってくる。
ということで、前走GI3着で人気になりそうなメイショウブシドウよりも、先手を取って押し切りそうな馬を狙う。

◎チョイワルグランパ
前走は重賞初挑戦で逃げ、最後に失速して4着。
平地でも重賞で3着になるほどの脚はあるし、騎手とも相性はよさそう。
相手は先行できそうなアシュヴィンと前年の覇者、オースミムーン。

あとは押さえで、ニライジンク、アラタマユニバース、メイショウブシドウ、グリッターウイング。

3連複
2-7・10-1・3・4・5・7・10(9点)
3連単
2-10-1・3・4・5・7(5点)

続いて札幌のクイーンS。

本命にしようと思っていたプロクリスが出ていないのでテンション下がりまくりw
とはいうものの、昨年は最低人気(8頭立てだけど)のスピードリッパーをうまく選べて的中できたレース。今年もそうありたい。

昨年(函館開催)もそうだったのだが、ディープインパクト産駒は洋芝だとパフォーマンスが落ちる。
札幌開催のクイーンSを調べたのだが、サンデー系ではパワー型といわれるゼンノロブロイやダンスインザダーク、フジキセキ産駒が突っ込んでいるぐらいで、かなり異系の血統が突っ込むこともしばしばある。
母の父でも、サンデーそのものはアリだが、サンデーの仔はほとんど来ない。

ということで、今年の牝馬戦線で活躍している非サンデーのケイアイエレガントが本命。
開幕週から道悪になってしまったが、2週目であればまだ内枠のほうが有利だろう。

牝馬限定戦で社台以外の馬を狙っているので、相手は社台とマイネルを狙うのが筋だと思う。
父系にサンデーのいないアロマティコ、ディアデラマドレ、マイネルのコスモバルバラが相手本線。
それ以外の社台系で、アイスフォーリス、マーブルカテドラル、サンシャイン、オツウが3番手。

馬連
1-8、1-12、1-13(3点)
3連複
1-8・12・13-3・4・5・8・12・13・14(15点)

最後にアイビスサマーダッシュ。

このレースはかなり傾向がはっきりしている。
・内枠より外枠
・斤量の軽い牝馬や3歳馬が有利
・コース実績も重要
・ダート血統はあなどれないが、サンデー系はかなり苦手
・騎手もとんでもないのが来る(鈴来、村田、大西、西田・・・鈴来騎手以外は「直千の名人」と言われてる騎手だが)

これら全部を満たす馬はいないのだが、外枠を引いた3歳牝馬、フクノドリームが本命。
ダートでの実績もあり、デビュー2戦目では1000m戦で6馬身ぶっちぎりのタイレコードで圧勝。
鞍上は、史上4人目のJRA全10競馬場重賞制覇がかかる横山典騎手。
51kgで乗ってくるということで、意気込みが違うのは明らか。

外枠でコース実績もあるリトルゲルダ、アンゲネーム、アースソニック、快速アンバルブライベン、昨年の2着馬フォーエバーマークが相手。
7歳以上で3着以内になった馬が過去にいないが、なぜか内枠でも黒い帽子(2枠)はやたら来るので、セイコーライコウも一応押さえておく。

馬連
11-2・3・8・9・10・12(6点)
3連複
11-2・3・8・9・10・12-2・3・8・9・10・12(15点)
3連単
11-9-2・3・8・10・12(5点)

スポンサーサイト

[edit]

« 月が変わればツキも変わる  |  7月全敗 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/257-feb1d8e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ