03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

GIにあってGIにあらず 

ども、飯田橋です。

先週の競馬ですか?

全滅だよ、ほっといてくれwww

いつもの反省会。

土曜のアルテミスSは、◎フローレスダンサーはまずまずのスタートだったものの、ポジションをどんどん下げていって直線で届かず。
そんなに早いペースじゃないんだし、1番枠ということを考えれば、道中で下がっていった時点でダメだな。

スワンSは、ミッキーアイルが絶妙のレース展開で快勝。
内から行きたい馬がいたら行かせ、3角過ぎで先頭に立って押し切る。
前半600mが35秒1という、このクラスでは超スローと言っていいペースなので、ミッキーアイルの作戦がまんまとはまったと思う。
私はこういう予想をせず、ミッキーアイルが暴走して直線で差されるという読みをしていたので大ハズレ。

日曜の天皇賞・秋は、カレンブラックヒルがマイペースに持ち込み、直線でジェンティルドンナとイスラボニータが抜け出した時にはガッツポーズの準備をしていた。
ところが・・・
外からスピルバーグの強襲。
こいつさえいなきゃ・・・
ラブイズブーシェまで持っていた(3連複340.1倍)んだぞw
ちょっとずれれば3連単(15-1-11で1020.7倍)だってあったのにw

ただ、わかったこともある。
天皇賞・秋は、ジャパンカップのトライアルにすぎないということ。
もはやGIとは言えない位置にあるということ。
実績のある馬は天皇賞の前にレースを使っていないし、その後のジャパンカップ(2.5億円)や有馬記念(2億円)に比べて1着賞金が安い(1.3億円)ということで、ここはただのステップレースということになる。
その証拠に、トライアルでは強いがGIでは用なしの藤沢和厩舎+北村宏騎手で勝っている。
来年からは、そういうスタンスで狙っていこう。

最後に、先週の的場騎手と伊藤騎手。
的場騎手は日曜福島1Rで勝利。ただ、厩舎実績がないので完全スルー。
それ以外は目を覆うばかりの大惨敗。
特に、新馬戦のフジサンベアはスタートからついていけず、先頭がゴールしたときには170m(推定)離されていたw
伊藤騎手も最高が9着と全く振るわず。

さて、今週はGIはないが土日に5重賞。
全部やるとサイフがもたない可能性が高いので、いくつか絞るとか、単勝500円一本勝負でやると思う。

スポンサーサイト

[edit]

« GIの狭間  |  リリス討伐 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/294-4e16d3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ