09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

それは無理 

ども、飯田橋です。

はい。またハズレですw

一応敗因を書いておきますかw

まずはシンザン記念。

◎クイーンズターフは4角手前でダンツメガヒットの斜行を食らってアウト。
あれがなければ、少なくとも掲示板争いにはいた。
ただし、レンイングランドとサトノフラムが来ていないので、馬券的には斜行があろうとなかろうとハズレ。

続いてフェアリーS。
中山芝千六だから内枠先行というのは当然頭にあるが、ノットフォーマルが逃げると思っていないので頭にあるわけがないw
◎テンダリーヴォイスは内の狭いところに押し込められていたが、直線でよく伸びてきた。
ローデッドは3角からのまくりがうまくいったのだが、あそこで逃げ馬をつぶすまでいけないのが残念。
つぶし切っていれば3連複は当たってたかもねw

黛騎手はデビュー9年で初重賞制覇。ローカル開催で穴を開けることが多く、中央場所で勝つとは思わなかった。
1か月に1~2回勝てる騎手なので傾向をつかめれば穴狙いに面白いのだけど、いまいちわからない。
2世騎手だけに騎手出身の調教師(中野、蛯名利、菊川)が好相性という気もするが。
中野厩舎も14年ぶりの重賞制覇。その前がトロットスター(スプリンターズS)とはねえ・・・

それから、的場騎手と伊藤騎手。
的場騎手は不発。
ナニスンネンは先手を取って4角までは良かったのだが、そこから失速。
明らかに太かったので、次回体重が減ってくればチャンスがあるかも。
ヤサカオディールは大外だったので位置取りが難しくなってしまったかなと。
広い東京のほうが合っているのかもしれない。実際、マンボネフューやピークトラム(1600万で上位)と小差のレースもしているし。

伊藤騎手は3着1回。
ストロングバルドルは展開がはまり、よく追い込んできて3着を確保。
ただ、そこそこ人気なので複勝2.2倍としょっぱい。

さて、今週は日曜重賞が2つ。
東では京成杯。
「マイネル記念」と言われるほどマイネル軍団が強いことで知られる。
今年はコスモナインボールとマイネルシュバリエの2頭が登録。

西では日経新春杯。
好調の4・5歳馬を狙いたいのだが、ちょっと見当たらない。
サトノノブレスは連覇がかかるのだが、トップハンデが確実だからなあ・・・

スポンサーサイト

[edit]

« ハンデ戦は難しい  |  難解なマイル戦 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/320-f40eb64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ