05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

本音としては回避したいw 

ども、飯田橋です。

毎週毎週競馬をやっているとふと思う時があります。

「今週はやらなくてもいいか?」

とはいうものの、やっぱりやってしまうんですねw

モチベーション下がってますが、今週の予想を。

今週は土日に3重賞。

まずは土曜の京都牝馬Sから。

週始めに書いた「内枠のディープ」はいなかった。
(キャトルフィーユの8番枠は微妙だが)
そうすると、牝馬重賞のセオリーでもある「社台とマイネル」から選んでいくのがよい気がする。
マイネルの馬はいないので、内枠で調子がよく、藤岡康→デムーロに乗せ換えてきたダンスアミーガで勝負したい。

相手には、とりあえず人気も枠順も考えずに社台(生産)の馬を拾っていく。
レーヴデトワール、ベルルミエール、ウイングドウィール、フォーエバーモア、ウリウリ、アロマティコ、クッカーニャ。
まあ、キャトルフィーユが来たらごめんなさいってことで、ほかに特に買いたい馬がいないのでこのまま突っ込んでみる。

馬連
4-6・7・9・11・14・16・17(7点)
3連複
4-7・14-6・7・9・11・14・16・17(11点)

次に日曜の東海S。

昨年のチャンピオンSと同じ舞台。
その時の予想でも書いたが、中京ダート千八は先行有利。ただし、先行争いが激しくなると差し馬が飛んでくる。
その時に本命にしたインカンテーションでもう一回勝負しようと思う。
騎手に不安があるのは織り込み済み。左ダート千八で5勝、中京ダート千八は4戦2勝3着1回。
先行馬が少ないので、みやこSのように後ろから行くというよりは好位で進めていくと思う。

相手はコパノリッキー1頭。
チャンピオンSでは出遅れたが、普通にゲートを出れば単騎逃げが濃厚。
競りかけそうな馬も見当たらないし、ペースは速くならないだろう。

あとは3連複のヒモ。
堅実なナムラビクターとランウェイワルツ、このレースに実績のあるニホンピロアワーズ、マイネルバイカ、グランドシチー、あとは前走唯一勝っているマイネルクロップ、ダートが苦手なディープをあえて逆張りでグランプリブラッド。

馬連 4-6(1点)
3連複 4-6-1・3・5・8・10・11・13(7点)

続いてAJCC。

ゴールドシップでしょうがないかなと思う。
有馬記念から1か月。調整でこのレースを使ってくるとは思えないし、中山芝2200は合っていると思う。
このメンバーで後方待機策だとまくりに行くのが大変そうなので、この馬が勝つ展開を考えていくと中団から3角まくりになりそうな気がする。

相手はゴールドシップより前で展開する馬を取りたい。
ゴールドシップより後ろにいる馬にチャンスなしと見る。
マイネルフロスト、エアソミュール、パッションダンス、クリールカイザー、ミトラ。

馬連
8-2・4・9・12・14(5点)
3連複
8-2・4・9・12・14-2・4・9・12・14(10点)
3連単
8-9・12-2・4・9・12・14(8点)

最後に、今週の的場騎手と伊藤騎手。
的場騎手はあまり狙いたい馬がいないのだが、日曜8R、中央最転入初戦のディプロムソングを狙ってみる。
中山のダート千二だし、外枠から先行が理想。複勝中心で、単勝ちょっと。

伊藤騎手は土曜は京都、日曜は中山で騎乗。
土曜8Rのマーセブナカヤマは1番枠だし、先行馬が少ないので前に行って粘り込めれば最高。
土曜11Rのウイングドウィールはたぶん引退戦。買える要素はほぼないが、最後だし少し買うかw
日曜10Rのカウニスクッカは強敵ぞろいだが、内枠を引き、ハンデ差を生かして先行するようならチャンスはある。

マーセブナカヤマは単複、ウイングドウィールは複勝、カウニスクッカは6番枠以内なら単複。

スポンサーサイト

[edit]

« 勝負に勝って試合に負けて、その逆もあって  |  +15武器、作っちまった »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/324-9c023ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ