08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

のるかそるか 

ども、飯田橋です。

今週も春競馬の前哨戦が行われますが、だんだんと期待の馬が多く出てくるようになります。
はたして、本番前の一叩きなのか、それとも・・・

今週は土日に3重賞が行われる。

まずは土曜のクイーンCから。

無謀を承知で◎ホワイトウインド。
枠に恵まれたことは否定できないが、菜の花賞(中山芝千六)の内容は、同コースで行われたひいらぎ賞やフェアリーSと比べて悲観するものではない。
すでにデビューから6戦している丈夫さ、そこで大敗していない堅実さ、この時期に穴を開けることで知られる「マイネル」で、主戦の柴田大知騎手騎乗とくれば狙ってみたくなる。
また、仕上がりの早いダート血統で、母の母はチューリップ賞でベガの2着になったベルシャルマンテ。
おそらく人気はとてつもなく低い。ダメ元で狙う。

馬連は総流しでいいかと。
3連複は1頭軸で、相手にダノングラシアス、スマートプラネット、ミッキークイーン、カービングパス。

馬連 9-全馬(15点)
3連複 9-2・3・14・15-2・3・14・15(6点)

続いて日曜の京都記念。

2頭のGI馬、キズナとハープスターが出走してくるが、ともに軽視。
キズナは故障明け。春4戦を予定しているということは、ここは7分ぐらいのデキで出てくると考えたほうがいいだろう。
無理はしてこないと見る。
ハープスターは成績からすると、オルフェーヴルやゴールドシップのようなパワー型ではないかと思われる。
京都ではギアを上げるのが一歩遅れると思う。外回りでも追い込みは届かない可能性がある。

無謀な予想は百も承知、両方とも馬券対象から消す。
では、この2頭よりも前にゴールしそうな馬を考えてみる。
さすがに重賞で勝負にならない馬は厳しいので、調子の良さからラブリーデイから勝負する。
3歳時にはオルフェーヴルにすら勝ったことのあるレッドデイヴィス、京都の外回りを好タイムで勝ってきているトウシンモンステラ、スズカデヴィアス、ハギノハイブリッドで勝負。

馬連 6-3・7・9・11(4点)
3連複 6-3・7・9・11-3・7・9・11(6点)

ここが勝負目だが、タテ目も押さえておくから結局ボックス買い。

続いて共同通信杯。

東京芝千八だし、ディープインパクト産駒だけ買っていれば当たる気がする。
その中でも、アヴニールマルシェを本命にする。
コース実績があり、前哨戦では定評のある藤沢和厩舎。間違いないw
残り4頭のディープ産駒(リアルスティール、ティルナノーグ、ソールインパクト、アンビシャス)に流す。

馬連 3-1・2・6・10(4点)
3連複 3-1・2・6・10-1・2・6・10(6点)
3連単 3-10-1・2・6(3点)

最後に的場騎手と伊藤騎手。

的場騎手は土日に4鞍騎乗。
土曜4Rのラインキュートは期待していないが、長距離なら一発あるかもしれない。
土曜7Rのディプロムソングは中央復帰初戦で好走。今回も展開的に狙える。
土曜9Rのラインハーディーは大外が気になるが、このクラスでは上位。展開が向けば。
日曜10Rのデンファレは昨年このレースで3着。8歳牝馬だが、このコースだけなら勝負できるかもしれない。

ディプロムソングとラインハーディーは単複。ラインキュートとデンファレは複勝勝負。

伊藤騎手は土日に6鞍騎乗。
土曜10Rのプリサイスエースは昇級初戦。勢いだけはある。でも雨が欲しい。
日曜2Rのサクラストラーダは新馬戦なのでわからないが、ダート千四なのでスタートを決めたらもしかして・・・

プリサイスエースは単複、サクラストラーダは複勝勝負。

スポンサーサイト

[edit]

« 快勝!  |  イース95になりました »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/333-0e1a08df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。