06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

微妙な距離 

ども、飯田橋です。

今週もGI前のトライアルが続きますが、本番とはつながっていない微妙な距離の違いに毎年やられてしまうわけです。

ここがGIと前哨戦との一番大きな違いで、さらに本番度外視でここ狙いという陣営までいるから難解度はさらに増すわけです。

今週こそは当てたいですが・・・

とりあえず時間順で、始めはファルコンSから。

いつも書いていることだが、距離の1400mというのが微妙。
GIの行われない距離であり、現在レースが行われている競馬場が5つ(東京、阪神、京都、中京、新潟。中山にもあるが、1600mよりもさらにひどいコース設定なので使われていない。)しかないということで、かなり個性の強い馬が活躍することが多い。
好走する血統にも特徴があり、どういうわけかダート向きの馬が穴を開けることで知られる。1400mなら芝ダート兼用という馬も珍しくない。

ということで、本命はフミノムーン。
父は1400m種牡馬として名高いアドマイヤムーン、母の父はゴリゴリのダート馬サンダーガルチ。
フミノムーン自身も中京芝1400mで勝っており、適性は非常に高い。
また、中京芝コースは他場よりもスタミナを要求されるので、1200mだけで勝ち上がってきた馬よりも、1400~1600mで勝ってきた馬を中心に選びたい。

タガノアザガル、ヤマカツエース、アポロノシンザン、ワキノヒビキ、セカンドテーブル、ブリクストに、中京ダート千四を勝っているレンイングランド。
3連複は、上がり最速のワキノヒビキを絡めた馬券で。

馬連 13-1・8・9・14・15・16・18(7点)
3連複 13-14-1・8・9・15・16・18(6点)

続いてフラワーC。

この時期の3歳牝馬にとって、1800mというのはかなり長い。血統的にもステイヤー色の強い馬が好走するケースが多い。
また、牝馬トライアルのお約束といえば、社台とマイネル。
18頭立てで15頭占めるとか、8分割の染め分け帽(同じ勝負服の馬が同枠に3頭入らないと見られない)が出たりする。

人気になるだろうが、ディアマイダーリンから勝負したい。
ハーツクライにキングマンボという長距離血統で、前走ではアネモネSを勝って桜花賞行きを決めたテンダリーヴォイスに競り勝っている。
社台系でもマイナーな追分ファーム産というのがやや弱いところだが、社台の主戦M・デムーロ騎手が乗ってることからも勝負気配がわかる。

相手も社台系から、アルビアーノ、アースライズ、ジャポニカーラ、エグランティーナ、ロッカフラベイビー、カゼルタに、マイネル軍団ただ1頭のアフェクシオン。
3連複は、オークス4着の母を持つアフェクシオンと、兄が菊花賞に出走したカゼルタを相手本線で狙う。

馬連 12-1・5・6・11・13・14・15(7点)
3連複 12-6・15-1・5・6・11・13・14・15(11点)

続いて日曜の阪神大賞典。

今回こそはゴールドシップでしょ。
さすがにこのメンバーなら勝たなくてはいけない。
相手は、ゴールドシップと血統構成の近いフーラブライド、武豊騎乗のメイショウカドマツの2頭に絞る。
3着候補でカレンミロティックとラブリーデイ。

馬連 8-9、8-10(2点)
3連単 8-9・10-6・7・9・10(6点)

続いてスプリングS。

今年の牡馬クラシック戦線は大混戦で、皐月賞の賞金順出走ラインは2000万前後になると言われている。
今回の出走馬で、力は上位でも賞金が圧倒的に足りないのがブラックバゴ。
ホープフルS3着、京成杯2着なので皐月賞に出てもそれなりの勝負ができそうだが、ここで出走権を取らなければゲートにすらたどりつけない。
戸崎騎手騎乗ということもあり、優先出走権をもぎ取ってきそうな馬ということではこの馬が一番確率が高いのではないかと思う。

相手はベルーフ、リアルスティール、ダノンプラチナの3頭。
ほかの馬とは実績と調子がかなり違う。
ブラックバゴが消えるなら、この実績馬3頭で決まるだろう。

馬連 5-3・6・8(3点)
3連複 3・5・6・8のボックス(4点)

最後に、今週の的場騎手と伊藤騎手。
的場騎手は土日に3鞍騎乗。
土曜8Rのアンジェラスべルは、良馬場の中山ダート千八では掲示板を外したことがない。
有力馬が外枠を引いたので、内で先行して粘れれば。
単複勝負。

伊藤騎手は土日に4鞍騎乗。
土曜中山2Rのヤマニントルーパーはデビュー戦2着だったがタイムが非常に遅く、人気になるなら買えない。
日曜中京9Rのノーモアベットはそれほど成績はよくないのだが、他馬はもっと悪いのでチャンスがあるかもしれない。
騎手も似たり寄ったり。どさくさまぎれの展開になればw
日曜中京10Rのヒシワイルドは人気のなさに反して好走している。1400m戦も合っている。
日曜中京12Rのワイドエクセレントは中央復帰後すべて馬券圏内。芝スタートのダート戦もプラス。

ヤマニントルーパーは見送り。他の3頭は単複勝負。

スポンサーサイト

[edit]

« ディープにやられる  |  危機管理 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/347-8a7b432e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ