05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

この展開は読めなかった 

ども、飯田橋です。

先週も重賞は全滅。

それ以外で救われたのでまだよかったのですが。

いつもの反省会。

まずは阪神牝馬Sから。
得意の2-3-4着w
カフェブリリアントは1400mの実績がイマイチだったし、左回りばかり走っていたので馬券からはずしていたわけだが、「1400mの福永」をすっかり忘れきっていた。
スペシャリストは馬だけではない。

続いてニュージーランドT。
完全に外差し有利の馬場状態。
先行総崩れどころか、中山芝千六で出遅れた馬が追い込んで届く(2着だが)というのが信じられん。

続いて桜花賞。
前半800m通過が50秒0という歴史に残る超スローペース。
桜花賞といえば、「魔の桜花賞ペース」と言われるほどのハイペースで進むのがほとんど。
前半800mで47秒台でもスローペースと言われるレースだけに、これは異常というほかない。
◎アンドリエッテは最速の上がりを出したが6着が精一杯。

ただし、どんな波乱であっても展開に恵まれようとも距離適性に不安(※レッツゴードンキのことではない)があろうとも、桜花賞馬はオークスでも高確率で馬券圏内に入るというのは過去の歴史が証明している。
レッツゴードンキは元々世代では上位に位置する馬だけに、オークスで無視するわけにはいかない。

最後に的場騎手と伊藤騎手。
的場騎手は不発だったが、人気もないのでしょうがないか。
伊藤騎手は2勝2着1回と大当たり。
サウスキングは五分のスタート。内枠の先行馬を見ながら直線で抜け出し、残り100mから突き放して4馬身差の圧勝。
1000万でもやれるだけの力はあると思うが、福島D1150だと連闘になるし、次の新潟や、6月で降級するのでそこでもう一発かな。
単勝7.5倍、複勝3.0倍的中。

ウエスタンユーノーは代打騎乗。無理なく好位につけ、4角を回ったところで前がガラ開き。すかさず抜け出しにかかるが内をすくったシンボリディスコが一枚上手だった。
それでも複勝11.2倍の大当たり。

日曜6Rのセンチュリオンは無理して買わない予定だったのだが、この日はダートで朝からキングカメハメハ産駒が揃って好走していた。
キングカメハメハ産駒は固め打ちをしてくることで知られているので急遽購入。
レースは中団の前につけ、直線残り150mで先頭に立って押し切るという強い内容。
珍しく一番人気に応えた。単勝2.8倍的中。

土曜の最終(ジェイケイネオ、4着)も最後に内を突いてうまく追い込んできていたのだが、あのペースと位置取りだとしょうがないか。
中川厩舎の馬に乗る機会はあまり多くないのだが、とんでもない大穴馬を持ってくるのでひそかに期待している。

馬券150411_1
馬券150411_2
馬券150412_1

さて、今週は皐月賞。
中山の今の馬場状態を考えると、よほどの道悪でもない限りは差し・追込中心でいいだろう。
リアルスティールとダノンプラチナが大本線、次にサトノクラウン、データ的には狙えないがダノンリバティとドゥラメンテが押さえ。

スポンサーサイト

[edit]

« +6セット完成  |  今年もクラシック開幕、桜花賞 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/358-fba1038e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ