07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ゲンのいいレースで 

ども、飯田橋です。

今週のGIは2つ。中山GJと皐月賞。

特に皐月賞は自分自身一番多く当てているGIレースでもあり、楽しみにしています。

今年も当てたい!

ということで、今週も土曜重賞から。

まずはアンタレスS。
交流GI帝王賞の前哨戦ということで、かなりいいメンバーがそろった。
本命はナムラビクター。昨年の覇者であり、阪神では安定した成績。
内枠で逃げ馬を見ながらレースを進められるのもよい。

相手は単騎逃げ濃厚なクリノスターオー、絶好調戸崎騎手の乗るアジアエクスプレス、オープンで3連続連対のマルカプレジオ、ダート千八で伊藤圭三厩舎+和田騎手という大穴コラボのイッシンドウタイ。

馬連 4-3・6・12・13(4点)
3連複 4-3・6・12・13-3・6・12・13(6点)
3連単 4-13-3・6・12(3点)

続いて中山GJ。
強い馬にうまい騎手が乗るのだから、レッドキングダムの本命ははずせない。
あとは、中山実績でアポロマーベリック、騎手と馬の相性がよいサンレイデューク、高田騎手のソンブレロ、一発あれば意外と障害のうまい森騎手のファイヤー。平地の脚もある。

馬連はオッズ次第。4-1・5・7・13(4点)
3連複 4-1・5・7・13-1・5・7・13(6点)
3連単 4-5・7-1・5・7・13(6点)

続いて皐月賞。
出走17頭すべてが重賞かオープンで連対経験があるというハイレベルな一戦。
アクティブミノル、ワンダーアツレッタ、キタサンブラックと先行馬がいるので桜花賞のような超スローのレースにはならないだろう。
しかも、今の中山は超高速馬場になっていて、33秒台の上がりが要求される可能性もある。

データ的には弥生賞かスプリングSで1~3着、若葉Sか毎日杯で1着というのが馬券圏内最有力。
本命はリアルスティール。スプリングSでは緩いペースの中33秒台の脚を使って2着に突っ込んできた。
良馬場では2回とも33秒台の脚を使って勝っているサトノクラウンが相手筆頭。

残りも上がりの脚が使える馬を選びたい。
デゥラメンテ、タガノエスプレッソ、ミュゼエイリアン、ダノンリバティ、ダノンプラチナ。

馬連はかぶりそう。5-8の1点勝負。
3連複 5-8・15-2・6・8・9・11・15(9点)
3連単 5・8-5・8-2・6・9・11・15(10点)

最後に的場騎手と伊藤騎手。
的場騎手は土日(福島)に5鞍騎乗。
あまり狙ってみたい馬はいないのだが、日曜2Rのフクノハイスピードを一応買ってみる。
デビュー戦になるが、ほかの出走馬もデビュー戦や大敗を繰り返しているのが多く、馬券に絡みそうなのが3~4頭しかいない。
同じオーナーのフクノグローリアの前を行くような展開になれば大波乱を起こすかもしれない。
複勝勝負、単勝100円。

伊藤騎手は土日(福島)に6鞍騎乗。
土曜4Rのスイートカリヨンは宗像厩舎所属。2走前の上がりが使えれば突っ込んでくるかも。
土曜11Rのサウスキングは連闘。先週の走りからすればここも買い。ただ、枠が微妙。
日曜11Rのローレルソランは大敗続きだが、前走は勝ち馬から0.4秒差。まくりがはまれば。
日曜12Rのヤマニンアルゴシーは1F長いのだが、福島はそこそこ走る。

サウスキングは単複、あとの3頭は複勝中心。

スポンサーサイト

[edit]

« 惜しいねえ・・・  |  +6セット完成 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/360-670ad54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ