05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

裏喰らった 

ども、飯田橋です。

先週も勝つには勝ったのですが、いまいち煮え切らないところがありましたな。

ということで反省会。

まずはサウジアラビアロイヤルCから。
イモータルが来てしまったかという感じ。
マンハッタンカフェの産駒だし、デビュー戦がスローの千八で4角からヨーイドンだったから、早いペースにはついていけないと思っていたのだけど。
開幕週でタイムが出ていたということはあるが、上位馬は暮れ~来年春の重賞でもそこそこやれると思う。

続いて毎日王冠。
エイシンヒカリはスタートして100mで勝ちを決めていた。
好スタートから内を締めながら先頭に立ち、あとはスローにして残り400mで追い出し、残り200mでムチを入れて振り切った。
こんな楽なレース展開に持ち込んでしまえば、天皇賞もJCも有馬記念も楽々逃げ切ってしまうだろう。
さて、肝心なのは2着3着争いのほう。
イスラボニータが早めに2番手に上がり、ディサイファがやってきたのはよかったのだが、差しちゃダメだってw
3連単まで取り切っていれば大爆発だったんだけどなあw

京都大賞典はラブリーデイが圧勝。2400mは厳しいと思ってたんだけど。
馬券は2着3着で撃沈w

一昔前であれば、天皇賞・秋はエイシンヒカリとラブリーデイの「2頭立て」と言っていいぐらい力の差が感じられたレース内容だった。
ただ、現在のレース体系(というか、賞金格差が激しいからなのだけど)では天皇賞・秋はJCや有馬記念の前哨戦となってしまっているだけに波乱が起きる可能性も十分ある。
昔から1番人気が飛んで荒れるレースとして知られているし、何か穴馬を探しておきたい。

最後に、的場騎手は新馬戦で2着に持ってきて穴を開けている。
レイアンドキスは好スタートからの逃げ粘り。この形になるとしぶとい騎手なんだよな。
伊藤騎手は不発。
キズナエンドレスはスローの2番手を進んだが、最後に伸びず7着。
速い上がりが使えず、小回りで好成績を出している馬なので東京が合わないのだろう。
新潟や福島は距離が微妙なので、暮れの中山が狙い目になるかもしれない。

さて、今週は秋華賞。
ローズS組が抜けている印象。
土曜日は府中牝馬S。こっちは何が来てもおかしくないほどの大混戦。
もう一つ、日曜の東京ハイジャンプも面白そう。障害デビューから3連勝のサナシオンが実績馬相手にどこまでやれるか?

スポンサーサイト

[edit]

« あちこち行ってきた  |  スーパーGII »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/424-0c19f077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ