10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

逃げ切るか、捕まるか? 

ども、飯田橋です。

今週のGIは天皇賞・秋。
最近はジャパンカップや有馬記念の賞金が上がったため、これらの前哨戦のようになってしまっていますが、今年はなかなか面白いメンバーが揃いました。
果たして、エイシンヒカリは逃げられるのか、逃げ切れるのか?

まずは土曜重賞、京都のスワンSから。

いつも書いていることなのだが、芝1400mというレースは非常に特殊なものと考えている。
千二も千六もイマイチなのに、なぜか千四だと別の馬のように活躍する馬が多いこと、理由はわからないが、なぜかダート実績のある馬やダート血統の馬が上位に来ることが多いためである。

今回もそんな馬ばかりを選んで買ってみようと思う。
サトノルパン(千四で2勝、兄リディルはスワンSの勝ち馬)
サンライズメジャー(京都芝千四外で2戦2着2回)
フミノムーン(全3勝が芝千四)
ベルルミエール(芝千四で3勝、GII2着もある)
オメガヴェンデッタ(千四で4勝、GII3着もある)
ダイワマッジョーレ(芝千四重賞2勝、2着1回3着1回)

京都の外回りで内が開くと思うので、岩田(オメガヴェンデッタ)から勝負しようと思う。
馬連 9-1・2・4・5・13(5点)
3連複 9-1・2・4・5・13-1・2・4・5・13(10点)

続いて東京のアルテミスS。

デビュー戦を好タイムで圧勝してきたカイザーバルから。母は桜花賞馬。
新潟のマイル外回りを4馬身差で逃げ切ったビービーバーレルが相手筆頭。
あとは2勝しているマシェリガールとメジャーエンブレム、フラガラッハの妹エスティタートまで。

馬連 13-5・6・11・15(4点)
3連複・3連単 13-5-6・11・15(各3点)

続いて天皇賞。

このレースにはいくつかポイントがあると思うのだが、まずはエイシンヒカリが逃げ切れるのかどうか。
捕まえに行くとなればラブリーデイが行くと思うのだが、どこで仕掛けるか。
先にあるジャパンCや有馬記念のことを考え、ここを本気モードで勝ちに来るかどうか。

私はエイシンヒカリが逃げ切るほうに賭けたい。
昨年のアイルランドトロフィーでは、直線で最内から大外まで斜行しながら3馬身半差の圧勝、この3戦は芝千八ですべて1分45秒台で逃げ切るスピードはけた違いだと思う。
ラブリーデイはあまり早くに捕まえに行くことはせず、差し切るとすればゴール前寸前だろう。
早めにつぶしに行けば追い込み馬の餌食になる。

あとはどうか。始めから勝ちに行くレースをせず、無欲でまくってくる馬が来るのではないかと考える。
ディサイファ、ヴァンセンヌ、ステファノス、ショウナンパンドラ、イスラボニータ。

馬連 9-1・8・13・14・15・16(6点)
3連複 9-8・13・16-1・8・13・14・15・16(12点)
3連単 9-8・13-1・8・13・14・15・16(10点)

最後は的場騎手と伊藤騎手の二人。
的場騎手は土曜福島で2鞍騎乗だが、狙える馬がいないので今週は見送り。
伊藤騎手も土曜福島で2鞍騎乗。
土曜11Rのチェリーペトルズは不振続きだが、全2勝をこのコースで挙げている。51kgの軽ハンデをどこまで生かせるか?
単複勝負。

スポンサーサイト

[edit]

« ボロ負け  |  イベント消化 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/432-9b852e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ