07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

新人騎手の話題が出てますな 

ども、飯田橋です。

今年は久々に女性騎手がデビューするということで早くから話題になっています。
が・・・
活躍できるのか?という不安は当然あります。
しかしこれはどの騎手にもついて回ることですし、中央の女性騎手は活躍している人がまだ出てきていませんが、これはサンプルが少ないこともあるので何とも言えないと思います。
まあ、総じて女性のほうが腕力は劣るので追えないんじゃないかということは常に言われると思いますが・・・

ただ、地方競馬や海外では活躍している人は少なからずいるので、少ないチャンスをものにできるかどうかだと思うんですね。
所属の根本厩舎は騎手が多いですし、丸山騎手という有望株もいるので頑張ってほしいと思います。
ちなみに、JRAの重賞で優勝した女性騎手が一人だけいます。(誰でしょう?)

ということで、今週の予想です。

まずは土曜のクイーンCから。

GI馬のメジャーエンブレムが出走してくるが、素直に買おうと思う。
東京は得意だし、この時期の牝馬マイル戦は長距離で考えたほうがよいので、血統的にも母系が重い(オペラハウス×レインボウクエスト)のもよいと思う。

相手は早い上がりを使える馬を選ぼうと思う。
エクラミレネール、サプルマインドが主力。
ビービーバーレルとラブリーアモンは騎手に不安があり、ルフォールは1戦1勝という不安材料がある。
それならば、エクラミレネールの2着があり、東京で33秒台の上がりを使ったことがあるフロンテアクイーンを買ったほうが面白いと思う。

馬連 6-2・12・13(3点)
3連複 6-12・13-2・11・12・13・14・16(9点)

続いて京都記念。
AJCCで本命にしたショウナンバッハを再度狙ってみようと思う。
この時期の古馬重賞だと、前走好走、あるいはGI帰りの5歳馬を狙うというのは一つの定石。
関西遠征が初めて(最初の所属は関西だったが)という不安材料はあるが、この馬の得意なスローの上がり勝負になりそうなメンバー構成は強調材料。

相手は好調の4歳馬を並べてみる。
ヤマカツエース、タッチングスピーチ、レーヴミストラル。
あと、8歳馬だが連闘で有馬記念0.3秒差だったトーセンレーヴを足しておく。

馬連 4-1・3・6・9(4点)
3連複 4-1・3・6・9-1・3・6・9(6点)

続いて共同通信杯。
週始めには「ハートレーの相手探し」と書いていたが、逆を張っていこうと思う。
本命はイモータル。
共同通信杯の特徴として、上がりが早くて全体のタイムも早いということがある。
マイル1分34秒台のレースで33秒台の上がりを使っていたのが魅力。
相手も同様に考え、スマートオーディンが主力。

あとは上がりの速い、ハートレー、メートルダール、ディーマジェスティ。

馬連 9-1・4・6・10(4点)
3連単 1・9ー1・9-4・6・10(6点)

的場騎手は小倉で2鞍騎乗。
土曜11Rのラインミーティアは小回りならチャンスがあると思う。
複勝中心、単勝ちょっと。

伊藤騎手は小倉で6鞍騎乗。
日曜7Rのストロングバルドルは平坦小回りのダートならチャンスはあると思う。あとは展開が向けば。
複勝中心。
日曜8Rのクラウドチェンバーはクラシックに乗りかけたが、最近は短距離でそこそこ走っている。小倉の実績もある。
単複勝負。

長岡騎手は小倉で3鞍騎乗。
日曜10Rのスズカブレーンは堅実に走る。
オッズ次第だが、複勝中心。

スポンサーサイト

[edit]

« ようやく初勝利  |  ペースの読み違い »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/470-81c3c03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ