04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

引退勧告 

ども、飯田橋です。

ひどい、ひどすぎる。

もう競馬やめろってぐらいひどいw

大反省会。

宝塚記念はペースこそ早めではあったものの、だいたい思った通りの展開になった。
4角でマリアライトとラブリーデイがまくってきたときにはガッツポーズの準備をしていたし、残り200ではほぼ確信していた。
でも、ドゥラメンテが来てしまった。
故障してたのなら、無理をせずにもっと手前でやめてくれてよかったんだよw

それよりもひどいのはここから。
的場騎手はサンシャインベビーで1着、単勝120.6倍、複勝83.4倍の超大穴を演出。
東京だからとロクに出馬表も見ずにスルーしてしまったのだが、出ていた騎手がショボかったし、先行しそうな馬もほとんどいなかったのだから、単勝はともかくとしても複勝200円ぐらいは買っておいてよかったのだと思う。

的場騎手の騎乗フォームは独特で、ほとんどの騎手は背中が丸まっているのに対して反り気味で乗っている。
これだと直線で差すことには不向き(要するに追えない)だが、先行してもバテずに粘りこむのにはよかったりする。
引退した中舘騎手がそうだった。
そのため、穴パターンは好スタートからの先行もしくは逃げということになる。
だから福島まで待っていたのだけど、ここで来てしまったか。

伊藤騎手はシュウギンで3着、複勝11.6倍の穴馬券を演出。
このレースもメンバーがショボかった。実際に勝ったのが新人だし。
厩舎もオーナーもほぼ付き合いのないところだけにノーマークだったのだが、WIN5対象レースはなぜか持ってくることが多い。
単勝だけ握って死んでるパターンももちろんあるのだが、ここも出馬表をしっかり見ておくべきだった。

長岡騎手は不発。
シャトルソニックはうまく前につけていたのだが、4角手前で手ごたえが怪しくなり、直線でももちろん伸びない。
ダートのほうが合っているのかもしれない。未勝利の1000m戦で逃げなくても上位に来ていたぐらいだし。

さて、上半期の競馬は完全に終わり、いよいよ夏競馬本番。
ラジオNIKKEI賞は、対戦相手、実績、ハンデを考えるとアーバンキッドが面白そう。どうやら福永らしいし。
CBC賞は少頭数になりそうだが難解。得意の騎手買いかな。

スポンサーサイト

[edit]

« なんかだるい  |  投票先はどこですか? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/518-4570e74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ