04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

もう3月 

ども、飯田橋です。

3月に入ると、競馬もだんだんGIが近づいてくるなと感じます。
ぽつんと一つだけあるフェブラリーSは気分的にちょっと違うんですね。
今年から大阪杯がGIとなったため、4週連続GIのあと1週開いて、そこから6週連続GIという日程になっています。
ここでまた財布のピンチが来るわけですね・w・

とりあえず、トライアルレースでいいとこ当てておきたいですな。

今週の重賞は土曜に2つ、日曜に1つという変わったスケジュール。

まずは土曜阪神のチューリップ賞。
人気は2歳GIで1・2着だったソウルスターリングとリスグラシューになるのは誰でもわかる。
ただ、この2頭は賞金順で桜花賞出走が可能なので、ここで無理に権利を取りに来る必要がない。
特にソウルスターリングの藤沢和雄厩舎が本番を狙ってくるときには、トライアルはトライアルと割り切って出してくるので、ここで本命にするのは難しい。
(逆に本番が厳しそうな馬の場合はトライアルをきっちり狙ってくるところなので、人気薄でアタマから狙うと意外にうまくいく)

ということで、ここで権利を取りたい馬を狙っていくことにする。
まずはミリッサ。賞金400万なので、ここで権利を取らなければ桜花賞出走はほぼなくなる。
石坂厩舎所属のきょうだい4頭はすべてクラシックに出走している(特にシンハライトは桜花賞2着、オークス優勝)ので、この時期に活躍する可能性は非常に高い。

続いてエントリーチケット。賞金は800万なので抽選での出走の可能性もあるが、近年では抽選ラインが1000万を超えていることが多いので、やはりここで権利を取りたい1頭。
ラフィアンのエース柴田大知騎手を使ってきていることからしても、ここは狙い目と考える。
もちろん人気の2頭(ソウルスターリング、リスグラシュー)は買うのだが、大当たり中のデムーロ(ダノンディーヴァ)も押さえておきたい。

馬連 4-1・3・6・10、1-6(5点)
1-3、1-10まで買っておきたいが、オッズ的にダメだろう。
3連複 1-4-3・6・10(3点)

続いて土曜中山のオーシャンS。
このレースは高松宮記念の前哨戦というよりも、すき間的スプリント重賞のイメージが強い。
また、1200m戦のスペシャリストよりもダートや1400m戦に実績のある馬が穴を開けることがよくある。
本命は輸送で連闘してくるブラヴィッシモ。
千四、洋芝、道悪実績がある(というか、そこでしか走らないぐらい)馬で、ここで狙うにはうってつけの存在。
相手筆頭はメラグラーナ、あとはナックビーナス、ブレイブスマッシュ、スノードラゴン、フレイムヘイロー。

単勝 14
馬連 14-2・3・9・10・13(5点)
3連複・3連単 14-9-2・3・10・13(各4点)

続いて日曜中山の弥生賞。
出馬表を見て2秒で決めた。
トップ厩舎+トップ騎手+権利が欲しい。
ベストアプローチ、グローブシアター、ダンビュライト。

馬連 1-3、1-4、3-4(3点)
3連複 1-3-4(1点)
3連単 4-1-3、4-3-1(2点)

マイナー騎手軍団、今週は多め。
土曜小倉3R ラブパレード(長岡騎手)
土曜小倉7R ジェムラッシュ(長岡騎手)
土曜中山7R サンシャインベビー(的場騎手)
日曜中山1R バーンザブリッジ(伊藤騎手)
日曜中山2R ハロウィンスター(的場騎手)
日曜中山3R バンリノユウシャ(的場騎手)
日曜小倉12R シュンクルーズ(長岡騎手)

頭数多いので単勝100円ずつ。1つ勝てば大爆発w

スポンサーサイト

[edit]

« 出口は見えず  |  アップデートで »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/610-bf367106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ