06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

今週は2レース 

ども、飯田橋です。

今週のGIは、春の中距離王決定戦となった大阪杯。

GII時代と変わるのか、変わらないのか・・・?

今週は土曜重賞予想から。

ダービー卿チャレンジTはグランシルク本命で。
中山芝1600m戦では、8回走って2勝2着3回3着1回。
勝っているのは未勝利戦と500万平場だけなのだが、負けた6レースはすべて勝ち馬から0.2秒以内と堅実。
特に戸崎騎手とのコンビでは6回すべて馬券になっている。
もちろんハンデ戦なので、ゴール前でゴチャついて勝ち馬から0.2秒差6着というオチは十分あり得るのだが、それでも馬券はここから買いたい。

相手は4頭。
内ではロジチャリスとキャンベルジュニア、外ではダイワリベラルとマイネルアウラート。

馬連 8-3・5・10・11(4点)
3連複 8-3・5・10・11-3・5・10・11(6点)

続いて大阪杯。
これまではレースの位置づけが中途半端だった。
天皇賞・春の前哨戦としては距離が短く、宝塚記念までは間隔が開きすぎ、安田記念の前哨戦としても距離カテゴリーが違う。
そのため2000~2400mを主戦場とする馬にとっては、海外遠征以外の選択肢としてこのレースが置かれたことは意味のあることだと思う。

本命はヤマカツエース。
明らかにこのレースを勝つことに目標を定めている。
デビュー当時は短距離を使っていたが、3歳夏から中距離に転向、2000m戦で力を発揮してきた。

相手筆頭はサトノクラウン。
やはり距離適性とローテーションから考えると、ここを目標にしていると考えられる。
もちろん香港国際レースにも登録がある(これはヤマカツエースも一緒)のでここが100%ではないかもしれないが、香港の賞金を考えれば、ここはステップではないのは明らか。

あとはペースを考え、後方待機組を狙ってみる。ステファノスとアンビシャス。

キタサンブラックは天皇賞や宝塚記念が目標。マカヒキは凱旋門賞が目標。
強いのはわかっているが、ここは無理をせず、チャンスがあれば狙ってくる程度と見る。

馬連 13-4・7・12(3点)
3連複 13-7-4・5・12・14、4-12-13(5点)
3連単 13-7-4・5・12・14、13-4・12-7(6点)

スポンサーサイト

[edit]

« 強かった  |  流れは変わらず »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/620-9c661342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ