05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

好みではないが 

ども、飯田橋です。

今週は桜花賞。

ラジオNIKKEIの競馬CMを聞いていると、オグリローマンが勝った時の桜花賞の実況が流れてきます。
2着のツィンクルブライドから総流しして取った181.4倍の馬連。
その前の日に大負けした中山大障害のダメージの何倍も取り返したんだよな・・・

今年はちょっと大きいのは狙えそうにありませんが。

今週の土曜重賞は2つ。

まずは阪神牝馬Sから。
翌日の桜花賞と同じ阪神芝1600mで行われる。
牝馬同士の争いなら崩れないミッキークイーンが本命。
クイーンズリングやトーセンビクトリー、アドマイヤリードが人気になるのはわかっているが、タッチングスピーチとアットザシーサイドを相手にとって好配当を狙う。

クイーンズリングは休み明け、アドマイヤリードは阪神よりも京都が得意、トーセンビクトリーはマイルが疑問なので、同じリスクならタッチングスピーチのほうが面白そう。

馬連 6-9、6-11、9-11(3点)
3連複 6-9・11-3・5・9・11(5点)

続いてニュージーランドT。
先週のダービー卿チャレンジTのように、大外から強引に先手を取りそうな馬(ボンセルヴィーソ)がいるので、内枠で先行できそうなランガディアから買ってみようと思う。
ダイナカール一族なので、この時期は走る可能性が高いと思う。

相手も先行できそうなスズカゼとクライムメジャーの2頭。
差しこむなら外枠の3頭、スズカメジャー、タイセイスターリー、タイムトリップ。

馬連 2-7、2-10、7-10(3点)
3連複 2-7・10-7・10・12・14・15(7点)

続いて桜花賞。
デビュー2戦が1800mというのはあまり好みではないのだが、やはりソウルスターリングから買うしかないのかと思う。
阪神JF(阪神3歳牝馬S)とチューリップ賞の両方を勝ったのは4頭いる。テイエムオーシャン、ブエナビスタ、ウオッカ、レーヴディソール。
故障で出られなかったレーヴディソール以外の3頭は連に絡んでいるのだから、ソウルスターリングをはずすのはちょっと無理がある。
さて、ウオッカはダイワスカーレットに負けてしまっているのだが、このダイワスカーレットに当たる馬がいるのかどうかが気になるところ。
素直に考えればカデナ(弥生賞勝ち)に勝っているアドアイヤミヤビということになるが、クイーンCから直行という大幅な減点材料がある。

あとは2着までのタイプ。ソウルスターリングは崩せないと見る。
アネモネS組は買いたくないし、権利を取った中でもゴールドケープとミスパンテールは買えない。
相手はリスグラシューとカラクレナイの2頭。
サロニカを買いたかったのだが取り消してしまった。
ジューヌエコールは乗り替わらないから買えない。
ここで乗り替わるようなら北村友→浜中しかありえないから、その場合は絶対買い。
落馬しろと願うのは絶対ご法度なので言わないが、風邪ひくとか、急におなかが痛くなるとか、寝坊するとか、調整ルームからツイッター投稿する(マテとか、そういうのない?w

不気味なのはカワキタエンカ。強引に最後の一枠をもぎ取ってきた。
チューリップ賞でもリスグラシューとの差はわずか。

馬単 14-6・8・18(3点)
3連単 14-6・8・18-6・8・18(6点)

スポンサーサイト

[edit]

« 弱気の虫に負ける  |  ドラコイベ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/623-0247fddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ