08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

弱気の虫に負ける 

ども、飯田橋です。

桜花賞、ダメでした。
いつもの自分を出していれば、取れたかどうかはわかりませんが、もう少し惜しいところまで行っていたのではないかと思います。

今回も反省会。

阪神牝馬Sの◎ミッキークイーンは思った通りだったのだが、残りがダメ。
アドマイヤリードやジュールポレールは、いかにも売れすぎの感があったのだが・・・

ニュージーランドTは・・・
いつも書くことだが、馬がどうのという前に騎手が買えない。
馬もキャラ的に1600mがもたない(と思われる)タイプが3頭来てしまった。
中山芝1600mの重賞というより、中京芝1200mのオープン特別というイメージでやったほうがいいのかもしれない。

桜花賞はやはりというか、ソウルスターリングは軽視でよかったのかと後悔した。
チューリップ賞の予想(3/3)で書いているではないか!

「特にソウルスターリングの藤沢和雄厩舎が本番を狙ってくるときには、トライアルはトライアルと割り切って出してくるので、ここで本命にするのは難しい。
(逆に本番が厳しそうな馬の場合はトライアルをきっちり狙ってくるところなので、人気薄でアタマから狙うと意外にうまくいく)」

チューリップ賞を圧勝している時点で、桜花賞は疑ってかかっておくべきだったと。
父親のフランケルが生涯無敗だったので、ソウルスターリングに関しても負けるまでは買えというのが馬券の常道。
ただ、それでも「藤沢流」から抜けられることはないので、ここから買うよりも押さえにしておくべきだったという結果になってしまった。

ただ、これと「レーヌミノルは買えたのか?」ということは別問題で、自分の性格上リスグラシューやカラクレナイを本命にすることはできたとしても、レーヌミノルを買い目に入れていなかったのではないかと思う。
常に勝ち馬とは僅差のレースをしていたとはいえ、小倉2歳S以来勝っていないということで、「終わった馬、もしくは桜花賞では用なし」という評価をしていたと思う。
もちろん、「前走がチューリップ賞かフィリーズレビューで1~4着、3歳の重賞かオープンで1着」という鉄壁の条件はクリアしているので、レースの結果としてはごく当たり前になったということだろう。

人気馬の中でも、アドマイヤミヤビとミスエルテとミスパンテールはきっちりよけきっているのだけどねえ・・・w

オークスはリスグラシューから買うのが一番怪我をしなさそうな気がする。
ソウルスターリングは放牧に出すというニュースが出ているので、オークスに間に合うかどうか微妙。

さて、今週は皐月賞。
ローテーションの好みでいえば、サトノアレス、マイスタイル、アウトライアーズの3頭。
皐月賞でも藤沢和雄厩舎がカギを握るのは間違いない。
「GIの皐月賞」に出してくるのであれば軽視、「ダービートライアルの皐月賞」に出してくるのであれば買い。
その他、危険な馬が多数いる気がする。
とりあえず、ファンディーナは買わない。

スポンサーサイト

[edit]

« 5月じゃないけど  |  好みではないが »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/624-d80e8c59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。