07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

緑・緑・緑・緑 

ども、飯田橋です。

今週のGIはヴィクトリアマイル。

昨年覇者のストレイトガールは引退し、今年は新たなチャンピオンが生まれるわけですが、やっぱりあの馬ですかねえ・・・?

まずは土曜重賞、京王杯スプリングCの予想から。

1400mの重賞なので、芝ダート兼用のタイプを狙うと面白そうなのだが、このレースには特徴がある。

・東京コース(特に芝千四)だけやたら強い馬が突っ込む
・リピーター性が低い

東京の芝1400mコースで行われるレースは重賞は少ない(京王杯SCと京王杯2歳Sの2つだけ)が、オープンや準オープンのレースはよく組まれているため、このコースだけ勝ち続けてオープンまで上がってくる馬というのが少なくない。
そういう馬がコース適性だけで突っ込んでくることがある。
また、かつてはスティンガーの連覇(2000・2001年)やテレグノシスが4年連続(2003~2006年)で馬券に絡んでいたこともあるが、近年(2008年~)では2度馬券に絡んだ馬がいない。

ということで、前年覇者のサトノアラジンは軽視し、あまり人気のなさそうなトウショウドラフタで勝負しようと思う。
全5勝のうち東京芝千四で3勝、あとの2勝も新潟と中京の芝千四という、左芝千四のスペシャリスト。
田辺騎手も今年は大当たり中で、リーディングの上位をキープしている。

相手筆頭はこのコースに実績のあるグランシルク、千四の得意なブラヴィッシモ、芝ダート兼用で実績のあるレッドファルクスとヒルノデイバロー、忘れたころにやってくるクラレント。

馬連 8-1・7・9・10・12(5点)
3連複 8-9-1・7・10・12(4点)

続いてヴィクトリアマイル。
牝馬同士の争いなら、素直にミッキークイーンを選びたい。
昨年2着、前走の阪神牝馬Sも完勝。
相手筆頭はウキヨノカゼ。
このレースと相性の良いクイーンC勝ちがあり、今年の古馬牝馬重賞勝ちがあるのもやはり相性が良い。
あとは東京の重賞で実績のあるスマートレイアー、ルージュバック、クイーンズリング、デンコウアンジュを買っておく。

馬連 11-2・7・8・10・12(5点)
3連複 11-12-2・7・8・10(4点)

本命対抗全部6枠w

スポンサーサイト

[edit]

« 何も来ない  |  タテ目かよw »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/634-8bf16160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ