FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

今年初GI、注目は・・・ 

ども、飯田橋です。

毎日クソ寒いですが、今年もGI1発目がやってまいりました。

フェブラリーSですな。

話題は・・・あの騎手です。はい。

今日も重賞は買っていたが、外れているのでスルーでw

日曜のフェブラリーSだが、普通に買うならインティ、ゴールドドリーム、オメガパフュームの3頭。
実績上位だし、武豊、ルメール、デムーロの3騎手なら堅いと思われる。

でも、話題はこっちではなくて、藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキングだろう。
4連勝中の上がり馬なので十分勝機はある。

まあ、「女性騎手だから消し」とか言っている人は論外なのだが、「さすがに若手で経験不足、未熟じゃねーの?」と考える人はかなりいると思う。
ちなみに、JRAのGI競走で女性騎手が乗って勝った例はある。
2002年の中山大障害、ロケット騎手。(馬はギルデッドエージ)

重賞未勝利の騎手がGI初騎乗で勝った例もある。
コスモドリーム(オークス)の熊沢騎手や、サンドピアリス(エリザベス女王杯)の岸騎手(引退)など。
あとは、重賞初勝利がGIだった吉田豊騎手(メジロドーベル:阪神3歳牝馬S)や古川騎手(アインブライド:阪神3歳牝馬S)、重賞はすでに勝っていたがGI初騎乗で勝った江田照騎手(プレクラスニー:天皇賞・秋)もいる。
この5人に共通することだが、デビュー2~3年目で通算50勝前後だったということ。
藤田騎手はデビュー3年目で通算50勝しているので、そういう意味では「場違い」ということはない。

まあ、年齢が「数え年」だった時代で古いじゃないかというツッコミはしょうがないかなw
平成が終わろうとしているのに、昭和のデータを出されても困るというのもしょうがないw
ただし、武豊が圧倒的人気で飛ぶというフラグ(サンドピアリスの時のシャダイカグラやプレクラスニーの時のメジロマックイーン)はあるな・・・

展開予想をしておくと、先頭に行くのはサクセスエナジーかインティ。どちらも2番手でもレースを進められるので、極端なハイペースにはならないと思う。
ゴールドドリームとオメガパフュームは中団よりやや後ろ、8番手あたりか。
コパノキッキングも同じあたりの位置取りになりそうだが、外枠だし、元は1000m戦で逃げて圧勝していることもあるので、好スタートから抑えきれずに暴走する危険性はあるし、前に壁が作れないと引っかかる可能性はかなり高い。
若手騎手のテン乗りだからねえ・・・

さて予想。
冷静に考えれば◎ゴールドドリーム。
馬の実績、騎手の実績、厩舎の実績すべてにおいて上位なのはこの馬だけ。
インティの野中厩舎は開業11年でGI未勝利、オメガパフュームの安田翔伍厩舎は昨年開業で、実績馬がこの馬のみ。
コパノキッキングの村山厩舎はフェブラリーSだけで3度優勝しているので、一発あるならこの差かもしれない。
購入対象が上位人気馬なので、他の有力どころ(クインズサターン、サンライズノヴァ、サンライズソア、ユラノト、ノンコノユメ、モーニン)は見ないことにするw

馬連 3-6、3-11、3-14(3点)
3連複 3・6・11・14のボックス(4点)
3連単 3-6-14、3-14-6、11-3-6、11-3-14(4点)
コパノキッキングは若手騎手ということもあり、中途半端に2・3着というよりは来れば1着ではないかと思う。

それにしてもコパノキッキングの単勝が売れすぎている。
馬連や3連単オッズから推測すると、売り上げの6割は記念馬券だなw

スポンサーサイト



[edit]

« ドラマは起きず  |  こっちも消える »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/707-3b9370d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ