FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

コロナウイルスですか 

ども、飯田橋です。

新年の投稿から2か月近く経ってしまいました。

相変わらずPTには行かず、カスティアとFV放置狩りぐらいしかやっていません。

それでもレベルはちょこっと上がり、博士はデュアルイースが105、こたつはデュアルのシーカーが104、ユングはメインイースが106、デュアルの影が104になっています。

リネ2のネタはこれぐらいしかありませんので、現状大問題になっているコロナウィルス関連について少し書いておこうと思います。


とりあえず、私は医者ではないので医学的知識はありませんが、一応科学者の端くれなので科学に関することであれば少しは書くことができます。

さて、現状コロナウイルスに感染したかどうか知るにはPCR検査をやるしかないのですが、検査自体は機械を使って何があるかを調べる「機器分析」です。これは科学の領域です。

PCR検査自体は私はやったことはないのですが、そんなに難しいことをやっているわけではないので、生物科学系の研究室にいる学生ならできるでしょう。
ただし、高病原性のウイルスを扱うわけですから、それなりの研究設備でやらないといけないですし、検査をやる人もそれなりに高い技術を持っていないといけません。
もしも検査する人がウイルス感染したら野口英世と同じことになります。

ということで、現状検査が進まない理由の一つとして「設備と技術者の不足」があるのではないかと思います。
PCR検査の装置自体はそう高価なものではないと思う(億とかしないでしょw)ので、大学でも民間企業でも普通にあると思います。
ただし、ウイルスが漏れる事故だけは絶対にやってはいけないので、検査のできる施設が限られてしまうのでしょう。
簡単に検査ができるということは、そういうリスクと表裏一体なところがあるんですね・・・

それともう一つ。「陰性と判定されたのに実は感染していた」という問題です。
PCR検査自体の精度自体にも問題はありますが、機器分析ではよくあることです。
出るべきシグナル(ピーク)が出ない、ノイズをシグナル(ピーク)と見間違えるというのは珍しくありません。

今回の検査で「陽性だからウイルスがいる証拠である」ということはほぼ間違いないですし、間違っていても実害は少ないです。
ただ、「陰性だからウイルスがいない証拠である」という考えは明らかにおかしいのです。
たまたま見つけられなかっただけかもしれないですし、検査の腕が悪ければ出るものも出ません。
まあ、そこがわかっていない無能役人とか無能政治家が船から保菌者を降ろしてばらまいちゃいましたが。

それはさておき。
大抵の機器分析における手順は大まかにいうと、試料(検体)の採取→分析に適した形への処理(調製)→分析機械にかける→出てきた結果の解析ということになりますが、どこかでミスをすれば正しい結果に結びつきません。

検体採取がうまくいかなければウイルスが取れないのでダメ
検体の処理でミスすればウイルスや遺伝子が壊れるのでダメ
機械操作のミスは論外として、適正な時間をかけて分析しなければ正しい結果は出ない
出てきた結果を正しく見なければ、見落としや誤認につながる

私がやっていた分野のように、試料作製から結果の解析まで一人で全部に関わるのであれば、思うような結果が出なくてもどこでミスをしたかというのはわかりやすいのですが、複数の人がリレー方式でやるとミスする確率は上がりますし、どこでミスしたかもわかりにくくなります。

でもとりあえず、早く収束してくれ。それだけ。

スポンサーサイト



[edit]

« 【朗報】 初日出る  |  2020年の初投稿 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/741-deb4d42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ