09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

夏競馬のポイント 

ども、飯田橋です。

今年もいよいよ本格的な夏競馬が始まりました。

あくまで私流ですが、夏競馬のポイントを書いておこうと思います。

まずはクラスの再編成。

これはすでに始まっていますが、4歳馬はこの時期に獲得賞金を半分にされ、出走できるレースの格が下がる場合があります。
1600万から1000万に、1000万から500万に降格する馬で、降級前のクラスで上位争いをしていた馬は相手が弱くなるから多くの場合で勝ってきます。
賞金次第ではオープンから1000万下への2階級降格という馬もいるため、上級クラスでは手も足も出なかった馬が激走して穴を開けることも結構あります。

また、この時期特有の、3歳馬の斤量が4歳以上馬より3~4kg軽くなることで穴を開けるケースもよくあります。
(斤量が軽くなりすぎて、主戦ジョッキーが乗れないこともまれにある)

次に、特殊な距離体系。

中央場所ではほとんど行われない1000m戦が多数行われます。
新潟の芝直線1000m戦は有名ですが、それ以外の競馬場でも芝やダートの1000m戦があります。
(中山や京都にも1000mの設定はあるのだけれど、現在は全く行われていない)
ほとんど逃げ・先行で決まることと、頭数が比較的少ないためにわかりやすいレースが多いです。
たまに、1200m戦で逃げて大敗続きの馬が人気薄で逃げ切ることがあるので要注意です。

また、福島のダート1150mや札幌の芝1500mといった、そこにしかないコースもあります。
それから、中央場所では行われていない芝2600m競走にも注目。
ここを勝つ3歳牡馬は、あとで菊花賞に名乗りを上げることがあります。

それから、スペシャリストの存在。

この時期しか馬券の対象にならないというとんでもない馬がいます。特に北海道に出没します。
坂のあるコースが苦手、暑い時期にへばらないといった特徴のある馬のほかに、輸送のないこの時期が得意という馬がいます。
最近成績不振でも、過去に北海道で好成績を残している馬には要注意です。

一流馬は夏休みに入りますが、この時期に面白い馬を見つけるのもまた楽しみの一つです。
スポンサーサイト

[edit]

« 新情報サイト  |  よく見たら書いてたねw »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/88-1e481d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ