08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

素材変換図は必要か? 

ども、飯田橋です。

リネ2において、かつて製作は重要なコンテンツでした。

今のようにIDがあったわけでもなく、普通にフィールドやダンジョンで狩りをして製作材料を集め、苦労して集めた材料をいざ製作するにあたってひたすら祈り続けるということをやっていました。

もちろんレイドボス討伐で現物を手に入れるということもありましたが、そのような高額なドロップが期待されるレイドボスは特定勢力によって狩り続けられ、夜だけINするような普通のプレイヤーにはなかなか手が出なかったものです。

今ではおもちゃになってしまったインペ重上も、かつては図1枚手に入れただけで膨大な収入になったこともあります。
それこそ、庶民レベルでインペ重上の製作ともなると、「失敗すれば引退」という言葉がよぎってくるほどの一大イベントでした。

そんな製作も、「覚醒」以降は未確認装備の氾濫、IDやボスの普及化によってほとんど意味がないものとなってしまいました。
製作コストが現物価格より高いのであれば、何も苦労してさらに失敗するリスクを背負ってやるなんてのはありえないわけです。

しかしながら、最近のゲーム内でのハイパーインフレによって、製作に挑戦する価値も出てきたのではないかと思いますので、現在の製作事情を少し考えてみたいと思います。

先日(4月)の大幅アップデートより製作材料が完全に見直され、従来の材料が一切使えなくなりました。
製作材料は10系統に分類され、それぞれがLv1~Lv5にランクづけされました。
同系統の素材であれば、素材のレベルを上げたり下げたりすることができるようになりました。

ただ、この素材のレベルを上げたり下げたりするのには製作図が新たに必要なのですが、これがとにかく手に入らない。
それこそ、武器ドロップ並みにレアなのですよw

それでも、ストラップ(アップグレード)、ストラップ(ダウングレード)、糸(ダウングレード)、ワイヤー(調合)、古いレザーストラップ(調合)、レザー(アップグレード)の6つの図は手に入れています。

そこで、必要そうな図はなんとか取りに行って、それ以外は無視してしまおうと考えました。

まずは素材の分類について、次のように分類されています。

素材一覧

N~DグレはLv1素材、C~BグレはLv2素材、A~RグレはLv3素材、R95~R99グレはLv4素材が必要になっています。
(現状、Lv5素材を使う装備はない)

はっきり言って、Lv1~2の素材をそのまま使うことはないわけです。

また、素材の変換についても書いておかないといけませんな。

素材のアップグレードの場合、一定量の素材(Lv1からLv2にするなら51個)と製作溶解剤(雑貨屋で買える)を使って、1個のレベルアップした素材ができます。
例:糸51個+製作溶解剤1個からストラップ1個作成

素材のダウングレードの場合、上級素材1個と規定量の製作溶解剤を使って、一定量の下級素材(Lv2からLv1にした場合は50個)ができます。
例:ストラップ1個と製作溶解剤1個から糸50個作成

また、ワイヤー系と革ひも系素材は調合して作ることもでき、同じレベルの材料(ワイヤー系なら金属系+糸系、革ひも系なら皮系+糸系)1個ずつと製作溶解剤を使って、1個の素材を作ることができます。
例:ストラップ1個とシルバー1個と製作溶解剤1個から、シルバースレッド1個作成

それぞれ、必要な素材の数、製作溶解剤の数、生成する下級素材の数は次のとおりです。

アップグレード
素材1

ダウングレード
素材2

調合
素材3

Lv1素材は糸以外は現物ドロップしかなく、51個集めるのは非常に大変。
ストラップはスポで大量に手に入れられるので、わざわざ素材変換する必要がない。
シルバースレッドを作る場合、大量のワイヤーを作ってからアップグレードするよりも、ストラップとシルバーから調合したほうが安上がり。

ということで、Lv1⇔Lv2の変換図は必要なし。ワイヤーや古いレザーストラップの調合図も必要なし。

Lv2の素材について、ストラップは覚醒以前の狩場でも大量にスポで手に入りますし、覚醒狩場ではシルバーや皮などがスポで手に入ります。
Lv2→Lv3へのアップデートも素材6個でできるため、Lv2→Lv3の変換図はあると使えそうです。
Lv3→Lv2へのダウングレードは変換効率が悪く、Lv2⇔Lv3を何度もやることで素材を増やすというのもできないため、図は不要。
Lv2の調合図も、調合してからアップデートするよりも、アップデートしてから調合したほうがコストが低いので不要。

Lv2→Lv3のアップデート図は欲しい。
Lv3→Lv2の図は不要。Lv2調合図も不要。

結果的に言うと、今まで手に入れていた図はほとんどいらないものばかり。

Lv3→Lv4の図やLv4→Lv3の図はあると使えそう。コスト面と相談しながらになるけど、ダウングレードしてRクリ用の製作に使うなど、可能性を考えてみる必要はありそう。
ただし、これらの図はクリエイトLv11で、入手できる狩場がほとんど99Lvだったりするので、現状では入手が厳しい。

Lv3やLv4の調合図も有用。ただし、入手が困難。

Lv4⇔Lv5の図はクリエイトLv14(99で取得)ということで、現状では扱える人すら少ない状況。
図もまず手に入らないし、考える必要もなさそう。

ということで、現状私が手に入れられる可能性があって、しかも使えそうな図となると、Lv2からLv3にアップデートする図と、Lv3の調合図(どちらもクリエイト8)ぐらいですかね。
それだけでも、全部集めるだけで数年かかるほどの大事業になりますがw

さて、製作のほうに目を向けてみると、アダマンタイトロープが必要な武器や重装備、硬いレザーストラップが必要な軽装備やシギルは材料をそろえるのが大変。

図とコアの入手が楽なのであれば、ローブ系やアクセ系の製作は面白いかもしれない。
コクラコン(消滅)で手に入るイモ首やイモ耳、祭壇~血沼で手に入るローブ系あたりが無難かな。
スポンサーサイト

[edit]

« 何度も同じことを・・・  |  装備製作レシピ集・その2 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iidabashihakase3.blog.fc2.com/tb.php/92-e45c00fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。